最新情報

糸川英夫の名言「人生で大切なのは失敗の歴史である」

糸川英夫

糸川英夫(いとかわ ひでお/1912年7月20日-1999年2月21日)は、東京市麻布区(現在の東京都港区西麻布)出身の工学者。「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と称される人物であり、ペンシルロケットに始まるロケット開発や宇宙開発を先導。専門は航空工学、宇宙工学。東京帝国大学工学部航空学科を卒業後、中島飛行機に入社。帝国陸軍の九七式戦闘機、一式戦闘機 隼、二式単座戦闘機 鍾馗などの設計に関わったほか、独力でジェットエンジンを研究・開発。東京帝国大学第二工学部助教授、同教授を経て、1956年に日本ロケット協会を創立し、初代代表幹事に就任。

亀田誠治の名言「勉強に没頭することで知という砂金が残る」

亀田誠治

亀田誠治(かめだ せいじ/1964年6月3日-)は、アメリカ・ニューヨーク出身の音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、ベーシスト。東京事変(とうきょうじへん)のメンバーの一人。妻は歌手の下成佐登子(しもなり さとこ/1961年8月26日-)。椎名林檎をはじめ、平井堅、スピッツ、GLAY、Do As Infinity、いきものがかりなど、数多くのアーティストやアイドル、女優などのプロデュースやアレンジなどを手がけることで知られる人物。

伊藤蘭の名言「私は私なりにやるしかない」

伊藤蘭

伊藤蘭(いとう らん/1955年1月13日-)は、東京都出身の女優&歌手。1970年代に活躍した女性アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバー。名前は蘭の花が好きだった祖父が命名。1972年にNHKの歌番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールのオーディションに、田中好子、藤村美樹とともに合格し、3人は「キャンディーズ」と命名され、マスコットガール兼アシスタントとして活動を開始。1973年にキャンディーズとしてシングル「あなたに夢中」で歌手デビュー。

伊藤守の名言 第2集「あなたの期待にそわないからといって、批判されるいわれはない」

伊藤守の名言 第2集

株式会社コーチ・エィや株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン、株式会社キャッチボール・トゥエンティワン・インターネット・コンサルティングの代表取締役を務める実業家・ビジネス書作家「伊藤守」(いとう まもる)さんの名言 第2集です。

緒方孝市の名言「優勝することがゴールだと、ずっと思っていました。」

緒方孝市

緒方孝市(おがた こういち/1968年12月25日-)は、佐賀県鳥栖市出身の元プロ野球選手、コーチ、監督、野球解説者、野球評論家。妻はタレントの緒方かな子(おがた かなこ/1973年3月4日-)、長女は声優の緒方佑奈(おがた ゆうな/1997年7月31日-)。1986年のドラフト会議で広島東洋カープの3位指名で入団。早くから期待を集めるが、毎年のように怪我に泣かされていた。1999年は開幕から本塁打を量産。打率も3割を越えて自身初の3割30本塁打を記録。5年連続のゴールデングラブ賞を獲得。

為末大の名言「誰も答えは持ってないんです。あなた用の答えは。」

為末大

為末大(ためすえ だい/1978年5月3日-)は、広島市佐伯区出身の元陸上競技選手、スポーツコメンテーター、タレント、指導者。400mハードルの日本記録保持者として知られる人物。株式会社R.project取締役、株式会社侍 代表取締役。現役時代には世界陸上選手権の2大会で銅メダルを獲得したほか、オリンピックでは2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場を果たした。

柿内芳文の名言「若い人から熱を取ったら、何が残るでしょうか」

柿内芳文

柿内芳文(かきうち よしふみ/1978年-)は、東京都町田市出身の編集者。株式会社STOKE代表を務める人物。慶應義塾大学文学部を卒業後、光文社に入社。『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』などベストセラーを連発し、星海社に移籍。2011年、星海社新書編集長に就任。「武器としての教養」をコンセプトに星海社新書の立ち上げに携わった。2013年に株式会社コルクへ移籍し、『漫画 君たちはどう生きるか』などを編集した後、独立。

伊藤洋一の名言

伊藤洋一

伊藤洋一(いとう よういち/1950年1月22日 -)は、長野県出身の経済評論家、エコノミスト、ジャーナリスト、作家。株式会社三井住友トラスト基礎研究所主席研究員。1973年に時事通信社に入社し、ニューヨーク特派員などを務め、1986年に中途入社で住友信託銀行に入行。

額田純嗣の名言

額田純嗣

額田 純嗣(ぬかた じゅんじ/1979年-)は、三越伊勢丹ホールディングス伊勢丹新宿店・婦人服セールスマネージャー。大阪府出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。2002年に伊勢丹に入社。

伊藤守の名言「問題は抱えてていい」

伊藤守

伊藤守(いとう まもる/1951年-)は、株式会社コーチ・エィや株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン、株式会社キャッチボール・トゥエンティワン・インターネット・コンサルティングの代表取締役を務める実業家・ビジネス書作家。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを手掛けている他、企業や地方公共団体、教育機関、経営者団体などを対象とした講演も多数行っている人物であり、日本における最初の国際コーチ連盟(ICF)マスター認定コーチでもある。

岩瀬大輔の名言

岩瀬大輔

岩瀬大輔(いわせ だいすけ/1976年3月17日-)は、埼玉県出身の実業家、著述家。出口治明、中田華寿子とともにライフネット生命保険を立ち上げた人物の一人として知られ、同社副社長、社長、会長を歴任。東京大学法学部卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、インターネット・キャピタル・グループ(ICG)、リップルウッド、旭テック社外監査役を経て、ハーバード・ビジネス・スクールに留学。帰国後、ネットライフ企画設立に参画し、ネットライフ企画取締役副社長に就任。

射手園達一の名言

射手園達一

射手園達一(いてぞの たついち/1943年-)は、東京都出身の実業家。海外で頑張る日本人経営者や起業家を支援する団体「一旗会」の設立者。1965年に日大法学部法律学科法職課程を卒業し、1967年に起業。1976年に渡米し、様々なビジネスにチャレンジ。全米相手のビジネスに成功するものの、スモールビジネスならではの悲哀を数多く経験したため、小さなビジネスの経営者が同じ目に遭わないようにと、1997年12月に支援団体「一旗会」を設立。

安藤美冬の名言

安藤美冬

安藤美冬(あんどう みふゆ/1980年1月9日-)は、山形県生まれ、東京育ちの作家、コメンテーター。慶應義塾大学在学中にアムステルダム大学に交換留学。集英社を経て独立。フリーランスとして独自のワーク・ライフスタイルを実践し注目を浴びる。

井筒和幸の名言

井筒和幸

井筒和幸(いづつ かずゆき/1952年12月13日-/男性)は、奈良県出身の映画監督、タレント、作家。高校時代から8ミリや16ミリ映画の製作を行うようになり、1975年に友人と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立。1975年にピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』で監督デビュー(「井筒和生」名義)。1981年に映画『ガキ帝国』がヒットし、日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。

地球の名言へようこそ

地球の名言へようこそ

地球の名言(当サイト)は、
地球に伝わる名言を集めた名言集サイトです。

管理人が高校生の頃からつけはじめた
「好きな言葉ノート」。

その言葉たちをブログに書き始めたのが
このサイトのはじまりです。

あなたの心にぐっと響く名言と出会えたら
自分のハートにコピペしてご自由にお持ち帰りください。

管理人 阿部牧歌

リンク集

UNESCO 文部科学省 文化庁

ページの先頭へ