最新情報

坂口恭平の名言「ストレスの根本は他人が自分をどう思っているか」

坂口恭平の名言

坂口 恭平(さかぐち きょうへい/1978年-)は、熊本県出身の作家、建築家、アーティスト。2001年に早稲田大学理工学部建築学科を卒業。卒論にて路上生活者の家を建築学的に調査したレポートを発表。それをもとにした写真集『0円ハウス』を2004年に発表。2007年にケニアのナイロビにて世界会議フォーラムに参加。2009年に坂口恭平研究所を開設、2010年に私塾「零塾」を開設。

エミレーツ航空の広告の名言「最後に初めて何かをしたのはいつですか?」

エミレーツ航空の広告の名言

エミレーツ航空(Emirates)は、アラブ首長国連邦の航空会社。就航開始は1985年。当初はボーイング747など中古機体で運航を始め、中東とヨーロッパがその中心航路であったものの、その後新型機の導入と新規路線の開設を進め、現在では全世界とドバイを結ぶ世界的に知られる航空会社のひとつとなっている。

與真司郎の名言「好きなことを仕事にしていてもツラいと感じる瞬間のほうが圧倒的に多い」

與真司郎の名言

與 真司郎(あたえ しんじろう/1988年11月26日-)は、京都府八幡市出身のタレント、ダンサー、歌手、俳優。男女混合パフォーマンスグループ『AAA』のメンバーとして知られる人物であり、「SHINJIRO ATAE(AAA)」名義でソロ活動も行っている。2005年にAAAの最年少メンバーとしてデビュー。デビュー当初は主にダンスのみを担当。2006年にドラマ『心霊探偵 八雲』でドラマ初主演。2010年に初主演映画『ラムネ』が公開。

不安解消の考え方(阿部牧歌の考察コラム)

不安解消の考え方

今日は不安との付き合い方、 ひいては不安解消の考え方に対する私の見解を述べていきたいと思います。 先に言っておきますと私もかなりの不安症です。 仕事に行くのが不安で不安でしょうがなく、 心臓が痛くなるぐらい不安だった私だったからこそ たどり着けた見解を皆様にお伝えしたいと思います。 不安についてよく聞かれる見解に 「不安に思うことの9割は起こらない」ということです。 (※9割のところの数字は諸説あります) これを聞いて私が思うことを正直に述べますと 「ってことは1割起きるってことでしょ?」 という感じで「不安に思うことの9割は起こらない」 という言葉で不安が消える人はそれでいいのですが、 「ってことは1割起きるってことでしょ?」と思ってしまうような 私のような心配性の方にはこの言葉はささりません。

池江美由紀の名言「才能のない子なんて一人もいない」

池江美由紀の名言

池江 実由紀(いけえ みゆき)は、3人の子育てをしながら、幼児教室の講師兼経営者を務める幼児教室講師。次女が小学校に上がる頃に離婚し、ひとり親で3人を育てあげた人物であり、1995年に子どものための能力開発教室を開校。約30年間に渡り、子どもたちの指導に携わり、子どもの才能を引き出し、本番力、人間力、何があってもあきらめない強い心を育む指導をしている。

人間関係で大切なこと(阿部牧歌の考察コラム)

人間関係で大切なこと

今日は人間関係に関して個人的に大きな気づきがあったので、みなさんにお伝えしたいと思います。(※このコラムは阿部牧歌による独自の考察コラムになります。)発達障害のとある先生によると人間の能力・スキルの総合値は同じであるという見解があるようでこれを聞いたとき、同じという根拠は何?と思いました。よくよく聞いてみると納得できたのですが、つまり人間を計る物差しは無限にあるということです。

瀬尾まいこの名言「助けてもらえなかったことはない」

瀬尾まいこの名言

瀬尾まいこ(せお まいこ/1974年1月16日-)は、大阪府大阪市出身の小説家。本名は瀬尾麻衣子。大谷女子大学文学部国文学科を卒業後、中学校の国語講師を9年務める。30歳のときに中学校教員採用試験に合格。中学校の国語教諭として勤務する傍ら、執筆活動を行う。2001年に『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞。

堀江貴文の名言「あなたはなんでもできる」

堀江貴文の名言

堀江 貴文(ほりえ たかふみ/1972年10月29日-)は、福岡県久留米市出身の実業家、ビジネス書作家、投資家。ライブドアの元社長として知られる人物であり、液体燃料ロケット開発会社SNSのオーナーやアプリ開発会社7gogoのファウンダーなどを務める。愛称は「ホリエモン」「たかぽん」など。1996年東京大学在学中に有馬あきこらと有限会社オン・ザ・エッヂを設立。ホームページ制作・管理会社として成長し、2002年に経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得。

ef – a tale of memories.の名言「世間とか常識に遠慮してたら楽しめない」

ef - a tale of memories.の名言

ef - a tale of memories.(エフ ア テイル オブ メモリーズ)は、minori制作によるゲーム作品を原作としたアニメ作品。放送期間は1期:2007年10月~12月、2期:2008年10月~12月(AT-Xは2008年11月~2009年1月)。原作は「minori」「鏡遊」「御影」、監督は「大沼心」、監修は「新房昭之」、シリーズ構成は「高山カツヒコ」、キャラクターデザイン・総作画監督は「杉山延寛」、キャラクター原案は「七尾奈留」「2C=がろあ」、音楽は「天門」「柳英一郎」、アニメーション制作は「シャフト」が担当。

和田彩花の名言「歴史は私の味方だ」

和田彩花の名言

和田 彩花(わだ あやか/1994年8月1日-)は、群馬県出身のアイドル、歌手、女優。女性アイドルグループ「アンジュルム」(旧・スマイレージ)の元メンバーであり、初代リーダーを務めた人物。ハロー!プロジェクトの6代目リーダーも務めた。ニックネームはDAWA、あやちょ。2010年に「夢見る 15歳」でメジャーデビュー。

エウレカセブンの名言「受け入れるべき運命とあらがうべき試練がある」

エウレカセブンの名言

交響詩篇エウレカセブン(Psalms of Planets Eureka seveN)は、2005年4月から2006年4月にかけて日曜日の午前7時00分から7時30分の時間帯で放送されたSFロボットアニメ作品(全50話)。監督は「京田知己」、原作は「BONES」、シリーズ構成は「佐藤大」、キャラクターデザインは「吉田健一」、メカニックデザインは「河森正治」、音楽は「佐藤直紀」が担当。物語の世界を統括する塔州連邦軍と対立する反政府組織「ゲッコーステイト」を中心に描かれた作品であり、主人公の少年「レントン」がゲッコーステイトのメンバーであるヒロインの少女「エウレカ」と出会って恋に落ち、ゲッコーステイトのメンバーとして徐々に成長していく、いわゆる"ボーイ・ミーツ・ガール"の物語。

地球の名言へようこそ

地球の名言へようこそ

地球の名言(当サイト)は、
地球に伝わる名言を集めた名言集サイトです。

管理人が高校生の頃からつけはじめた
「好きな言葉ノート」。

その言葉たちをブログに書き始めたのが
このサイトのはじまりです。

あなたの心にぐっと響く名言と出会えたら
自分のハートにコピペしてご自由にお持ち帰りください。

管理人 阿部牧歌

リンク集

UNESCO 文部科学省 文化庁

ページの先頭へ