野澤卓央の名言

自分の信念を貫けば、人を傷つけることもある。
思い通りにいかず、傷つくのは当たり前。
傷つかないで生きようと思うことが間違いだ。
ときには人を傷つけるし、自分も傷つくのが人生だ。

by 野澤卓央

※大企業の社長や大学教授として活躍したとある人物に教えてもらった言葉

『一生を変えるほんの小さなコツ』かんき出版 (2011/8/11)より

出典元書籍:https://amzn.to/3ci4NvP

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は小さなコツの専門家で
作家の野澤卓央さんの名言を
取り上げさせていただきました。

野澤卓央さんの
『一生を変えるほんの小さなコツ』
という著書で紹介されていた言葉なのですが、

「誰も傷つけたくないし、
自分も傷つきたくない」と思っていた野澤卓央さんに
衝撃を与えたのがとある方に言われた前述の言葉です。

その方は大企業の社長や大学の教授などを務められ、
70歳で引退された後も多くの方が
教えを学びに来られている方だそうで
その方に「誰も傷つけたくないし、
自分も傷つきたくない」と自分の考えを述べたところ、
「生きるとは、そんな甘いもんじゃない!」と一喝されたとのこと。

「人を傷つけてはいけない」と教えられ、
その通りだと思うのですが、
人を傷つけられずに生きていける人もいない
と教えるのが教育のあるべき姿ではないでしょうか。

傷ついて当然。
傷つけて当然。
傷つけ傷つきながら生きていく。
それが生きるということだ。
ということを野澤卓央さんの話を聞かせてもらって思いました。

傷つけること、傷つくことを過度に恐れない。
「傷ついて当然。
傷つけて当然。」
生きていくためには、大切な視点だと思います。

野澤卓央のプロフィール

野澤 卓央(のざわ たくお/1977年-)は、愛知県出身の小さなコツの専門家、作家。小学6年生から中学生時代にかけて不登校、高校時代も退学寸前の問題児だったが、友人の母親からの愛情ある励ましで更生。大学に進学するも、自分探しと称して、25歳までアジア放浪の旅を続ける。青果市場勤務を経て、美容室を運営する友人の会社に入社。企業内起業で事業部を立ち上げる。2006年に独立し、株式会社ラボを設立。社会に出たころから書きためていた、自らの悩みや失敗体験、尊敬する人々からの教えを『たった一つの小さな「コツ」があなたを変える』というメールマガジンとして配信を開始。

参考文献・出典:『自分を変えるほんの小さなコツ』かんき出版 (2017/1/18)

主な著作

  • 『あなたを変えるたった1つの「小さなコツ」』祥伝社 (2018/2/15)
  • 『自分を変えるほんの小さなコツ』かんき出版 (2017/1/18)
  • 『10年間、1000人の成功者に聞いてわかった仕事がうまくいく人の小さなコツ』PHP研究所 (2013/7/16)
  • 『人間関係の「困った」をす-っと消してくれるほんの小さなコツ』かんき出版 (2012/6/25)
  • 『目立たなくても本当に必要とされる人になる小さなコツ』大和出版 (2012/5/16)
  • 『一生を変えるほんの小さなコツ』かんき出版 (2011/8/11)

野澤卓央の著作一覧:https://amzn.to/3KdZZEc

野澤卓央の名言集

他の人が10回でできることなら、
僕は100回まで努力しよう。
それでもできなくて、あきらめきれなかったら、
1000回は努力してみよう。

by 野澤卓央

この名言についてのコラムを表示

「できない理由」はたくさん見つかる。
でも、できない理由探しばかりしている
人にはなりたくない。
いつも、どんなときでも、
「できる理由」を見つける天才になりたいな。

by 野澤卓央

この名言についてのコラムを表示

コラム化待ち名言

※旧サイト掲載分です。順番にコラム化していっています。

あきらめそうになった時
自分で自分に
投げかける言葉があります。

それは「今できることを
すべてやったか?」です。

by 野澤卓央

好き嫌いを超えた時に
自分でも驚くような
仕事ができるようになる。

by 野澤卓央

仕事はそもそも
相手のために存在します。

好きな仕事
やりたい仕事にこだわると

人を喜ばせることや
困っている人を助けるという
仕事の本質への関心が
薄れます。

人の役に立つ方法はないか
と考えることで
自分の役割に気づけます。

人の喜ぶ姿が
自分の喜びに感じられた時

それが自分の天職だと
言えるようになるのかも
しれません。

by 野澤卓央

君が高級料亭で
お刺身を食べたとする。

高級料亭はその魚を
どこから仕入れたと思う?

色々なルートがあるだろうが
魚屋から仕入れたとする。

魚屋は市場から
仕入れる。

市場は
漁師から仕入れる。

では漁師は
海にお金を払っただろうか?

これは魚だけでなく
ブランド品や車でも同じこと。

この世の全てのものの
仕入れ値は元を辿ると
原価はゼロ。

何にお金が発生しているか
と言えば
その間に関わる人件費だ。

by 野澤卓央

間違うことより
改善しないことの方が問題。

by 野澤卓央

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。