リー・トンプソンのプロフィール

リー・トンプソン(Lea Katherine Thompson/1961年5月31日-/女性)は、アメリカ・ミネソタ州ロチェスター出身の女優。夫は映画監督のハワード・ドゥイッチ(Howard Deutch)。子供の頃よりダンスを学び、バレエダンサーを目指していたが20歳の時に女優に転向。1983年に映画「ジョーズ3」でケリー・アン・ブコウスキ役(水族館員)を演じ、本格的に活動を開始。1985年には大ヒットを記録した映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で主人公の母親ロレイン・ベインズ・マクフライを演じ、広く知られる女優となる。当時の日本では一時期アイドル並みを人気を博し、多数のTVCMや雑誌に出演。1990年代に入ってからはテレビ映画・テレビシリーズへの出演が多い。

Created February 19, 2017

主な出演作品

  • 1985年,1989年,1990年『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(三部作)
  • 1986年『スペースキャンプ』
  • 1986年『ハワード・ザ・ダック』
  • 1987年『恋しくて』
  • 1992年『ドク・ソルジャー』
  • 1993年『ビバリー・ヒルビリーズ』
  • 1994年『愛妻が遺した妻』
  • 1995年-2000年『キャロライン in N.Y.』(テレビシリーズ)
  • 2002年-2003年『For the People』(テレビシリーズ)
  • 2007年『カリフォルニア・ドリーミング』
  • 2008年『スパイ・スクール』
  • 2011年-2012年『スイッチ ~運命のいたずら~』(テレビシリーズ)

リー・トンプソンの名言集

『1歳の息子に届いた成功者100人からの手紙 人生でもっとも大切なこと』祥伝社より

成功とは、努力と深い愛情
そして家族によってもたらされるものです。

笑顔が溢れる家庭を築いて
素晴らしい人生を送ってください。
そして、みんなに親切にね。

オリジナル要約・略

『Brainy Quote』より

悲しみに包まれている時でも
心の最も深い部分では私はいつもジョークを言っているの。

オリジナル意訳・要約

毎日、誰かの役に立っているんだって実感して生きていたい。
毎日、感謝の気持ちを持って生きていたい。
それが素敵な人生だと思うの。

オリジナル意訳・要約

私は最初バレエダンサーを目指していたけれど
成功することはできなかった。
だから今度は女優として成功するために全力を尽くしたの。

オリジナル意訳・要約

人生の本番は50歳からよ。
理由なんて知らないわ。

オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示