リヴ・ウルマンのプロフィール

リヴ・ウルマン(Liv Johanne Ullmann/1938年12月16日-/女性)は、映画監督としての一面でも知られるノルウェーの女優。父の仕事の関係で東京で生まれ、2年後にカナダのトロントに移り、その4年後にノルウェーに戻る。演技はイギリス・ロンドンで学び、ノルウェーでの舞台経験を経て1957年に「仮面/ペルソナ」で映画デビュー。1971年に公開されたスウェーデンの映画「移民者たち」でゴールデングローブ賞主演女優賞受賞&アカデミー主演女優賞ノミネートなど高い評価を獲得。2000年には「不実の愛、かくも燃え」(Faithless)で映画監督デビューも果たしている。

Created February 19, 2017

主な出演作品

  • 1970年『夜の訪問者』
  • 1971年『移民者たち』ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞
  • 1972年『叫びとささやき』
  • 1973年『ある結婚の風景』テレビシリーズ
  • 1976年『鏡の中の女』アカデミー賞・ゴールデングローブ賞・英国アカデミー賞ノミネート(主演女優賞)
  • 1977年『遠すぎた橋』
  • 1978年『秋のソナタ』
  • 1984年『キーファー・サザーランドの ベイ・ボーイ』
  • 1986年『さらばモスクワ』
  • 2003年『サラバンド』

リヴ・ウルマンの名言集

『AZ Quote』より

私は選ばなかった選択肢に思いを馳せるときがあります。
私が選んだ選択肢によって、今の私が作られています。
別の選択肢を選んでいれば、別の私が作られたことでしょう。

選ばれなかった私はどこに消えてしまったのでしょうか。
消えてしまったすべての私が私の一部であり
変えることのできない完成された「私」という肖像画を構成しているのです。

オリジナル意訳・要約

他人が私に与えてくれる人生の枠組みを受け入れるだけで
自分で選択をしないとすれば
それは私の人生である理由がなくなってしまう。

オリジナル意訳・要約

私が人生の終わりに到着し
人生で何をしてきたのかと尋ねられたら
「私は行動しました」と答えたい。

私は人生を愛し、人生は神秘的だったと言いたい。
時に喜び、時に悲しみもしたけれど
もう一度生きるとしても自分の人生を選ぶと答えたい。

オリジナル意訳・要約

才能がないって言ってる人は
自分で限界を作ってしまっているだけ。

オリジナル意訳・要約

完ぺきでないと愛されないと思っている人は大間違いです。
私は不完全な人が大好きです。

オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示