リチャード・アーマーのプロフィール

リチャード・アーマー(Richard Willard Armour/1906年7月15日-1989年2月28日/男性)は、アメリカの詩人、著述家、ユーモア作家、児童文学作家。カリフォルニア州サンペドロ出身。ユーモア溢れる作風で知られる詩人であり、多数の著書を発表。子供向けの作品も多数制作し、生涯で発表した著書の数は65冊以上にものぼる。

Created February 20, 2017

主な著作

  • 『すべてはイブからはじまった:ユ-モア・スケッチブック』早川書房(ロバート・ベンチリーらとのアンソロジー/訳:浅倉久志)
  • 『それはヒポクラテスで始った:呪術から電子医学まで』早川書房(訳:林克己)
  • 『ユーモア医学小史』北星堂書店(編:水野百合子,薗田美和子)
  • 『ユーモア・アメリカ小史』北星堂書店

リチャード・アーマーの名言集

『Brainy Quote』より

政治に正しいも間違っているもない。
ただ左右があるだけだ。

オリジナル意訳・要約

世の中は「金が物を言う」そうだ。
それを否定するつもりはない。

だって一度、実際に耳にしたことがあるからね。
私に向かってこう言ったんだ「さようなら」と。

オリジナル意訳・要約

『AZ Quote』より

「人間の愚かさ」を定義するために
私は人類の不幸と脆弱性を辿ってみた。

その症例は膨大であり
愚かさは無限に続いていくことがわかった。

オリジナル意訳・要約

お金を稼ぐのではなく
何も買う必要がないぐらい自分の欲望を減らすというのがソローの考えだった。

この考えをソローは説いてまわったものだから
街の店主たちが殺意を抱いたのは間違いないね。

オリジナル意訳・要約

夢が実現しない時
悪夢も実現していないという事実は
いくらかの慰めになってくれる。

オリジナル意訳・要約

青春というのは
人生の一時期を指す言葉じゃない。
それは理性を失っている時を指す言葉だ。

オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示