大野萌子の名言 第2集

自分の気持ちにダメ出しをしないことが大切です。
プラスの感情もマイナスの感情もみんな等しく感じてよいのです。
「こんなふうに思うなんて私はダメだ」なんて考えず、
嫌なことは嫌だと思ってよいのです。

by 大野萌子

『PHP2022年11月号:モヤモヤをすっきり!気持ちの整理術』PHP研究所 (2022/10/7)より

出典元書籍:https://amzn.to/3eiOIXU

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は公認心理士で産業カウンセラー
の大野萌子さんの名言を取り上げさせていただきました。

雑誌PHPに大野萌子さんのコラムがのっていたのですが、
この言葉は「自分との対話」について述べられた言葉です。

先日、自己肯定感のコラムをアップしたのですが、
大野萌子さんの「自分の気持ちにダメ出しをしないことが大切」という一節に
自分との付き合い方の本質をみた気がしました。

それは自分を否定しているのは結局のところ、
他人ではなく、
自分自身なのではないかということです。

他人に否定されたとしても、
自分がそれを認めなければ、その言葉には価値が置かれず、
自分を守ることができるのではないか。そう思うのです。

自己肯定感という言葉がよく聞くようになってきましたが、
自己肯定感が低い状態というのは、
自分が自分を認めてあげていない状態。
言い換えると、「こんな自分はダメだ」と
自分が自分を否定している状態ではないかと思うのです。

自分と対話するとき、自分自身とコミュニケーションするとき、
自分の気持ちにダメ出しをしないこと。
これがなによりも大切と大野萌子さんは説かれているのですが、
それはつまり、自分のすべての感情を認めてあげることにほかなりません。

いきなり、自分のすべてを認めるのは大変かもしれないので、
自分を認めてあげられる自分の部位を探してみるのもいいかもしれません。
つまり、自分の好きなとこ探しです。

これができる人はおのずと自己肯定感が高くなる。
そう思うのです。

ここはたしかにあの人に負けてるかもしれないけれど、
自分のこういう部分は結構好きだなという感じで、
特に「人と比べてもしょうがない部分に基準を持つこと」が
個人的に大切だと思います。

私は仕事を楽しむことを何よりも大切にしているので、
仕事を楽しめていたら、自分に花丸をあげます。
営業成績が後輩に負けていようが、
講義のクオリティが先輩よりも低かろうが、
楽しむ度でいったら自分は結構いいラインいけているなと褒めてあげる。

自分の好きなところを探すでも、
自分の認められる部分を作るなどなんでもいいのですが、
なにかひとつでも自分の好きなところ、認められる部分を作ることが
自己肯定感を守る上では大事かなと思います。

そのファーストステップとして、
大野萌子さんの提唱する
「自分の気持ちにダメ出しをしないこと」は、
非常に有効ではないかと思うのです。

誰になんといわれようが、
自分だけは自分を否定してはいけない。
自分だけは常に自分の味方でいてあげるというのが、
自己肯定感の核になるのではないでしょうか。

みなさんは自分との対話できていますか?
自分がどんなことを思っていて、何を感じているのか、
そんなことを思いふける時間というのが、
忙しい日々の中でもとても大切な時間なのではないでしょうか。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。