幾田りらの名言

100点を出そうと思うんじゃなくて、
100パーセント最初から最後までエネルギーを出し続ける。

by 幾田りら

『本当の「心の強さ」ってなんだろう?: 一生を支える折れないメンタルのつくり』誠文堂新光社 (2021/8/4)より

出典元書籍:https://amzn.to/3Q6WDGl

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はシンガーソングライターの
幾田りらさんの名言を取り上げさせていただきました。

ミュージシャンが演奏を一発撮りする企画で人気のYoutubeチャンネル
「THE FIRST TAKE」に幾田りらさんも出演されていたのですが、
この言葉はそのときのことを振り返った時の言葉として
齋藤孝さんの著書「本当の心の強さってなんだろう?」で
みんなのヒントになるんじゃないかなと紹介されていました。

100点を取ろうとするんじゃなくて、
100%を出し切ることだけを考える。
この視点は我々が生きていく上で非常に大事な視点だと思うのです。

毎日毎日、自分にできるかなと不安な日々を送っている人は、
100点を取ろうと必死に頑張っているからこそ、
過度なプレッシャーがかかるのです。
100点を取ることを目指すのではなくて、
自分にできることを精いっぱいやればよいと考える。

自分にできる精一杯のことだけをやればよいと考えることは、
我々の日常のプレッシャーを緩和してくれます。

調子の悪いときは、はたから見たら50点かもしれない。
でもそれがそのときに出せるあなたの100%ならば、
気に病む必要はない。
自分にできる精一杯の一歩一歩を刻んでいく。
それがあなたにできる最大の一歩であり、
長い時間をかけて遠くまでいくための秘訣だと思うのです。

幾田りらのプロフィール

幾田りら(いくた りら/2000年9月25日-)は、東京都出身の歌手シンガーソングライター。音楽ユニット「YOASOBI」のメンバーとして知られる人物(YOASOBIでの活動はikura名義で行っている)。2016年にSony Musicが主催する新人アーティスト養成講座「the
LESSON」へ4期生として参加。2017年にアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入。2019年にボーカロイドプロデューサーのAyaseと共に「YOASOBI」を結成。1stシングルの『夜に駆ける』は、累計再生回数がストリーミング、MVで1億回再生を突破する大ヒットを記録。2021年に「ぷらそにか」を卒業。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。