アーノルド・パーマーのプロフィール

アーノルド・ダニエル・パーマー(Arnold Daniel Palmer/1929年9月10日-2016年9月25日/男性)は、アメリカのプロゴルファー。ペンシルベニア州ラトローブ出身。1954年に全米アマゴルフで優勝し、プロに転身。1958年に4大メジャー選手権のひとつであるマスターズで初優勝を飾る。その後、4大メジャーの全米オープン(1960)・全英オープン(1961/1962)を制し、グランドスラム(4大メジャー制覇)に大手をかける。しかし、ラスト一つの4大メジャーであるPGA選手権(全米プロゴルフ選手権)では史上最高のゴルファーとも称されるライバルのジャック・ニクラスに阻まれ、ニクラスと幾度も優勝争いを演じたもののついに優勝することはできず、グランドスラマーになることはできなかった。パーマーが繰り広げた熱戦の数々は彼をテレビ時代の最初のスターゴルファーに押し上げ、競技スポーツとしてのゴルフを多くの人々に広め、ゴルフの普及・発展にも大きな貢献を残した。通算成績はマスターズ4勝(1958,1960,1962,1964)、全米オープン1勝(1960)、全英オープン2勝(1961,1962)、PGA選手権2位3回(1964,1968,1970)。

Created February 26, 2017

主な書籍

  • 『わがゴルフ闘争記:A Golfer’s Life』財界通信社(著:アーノルド・パーマー, ジェームス・ダッドソン)
  • 『私のゴルフ あなたのゴルフ』報知新聞社(著:アーノルド・パーマー/訳:岩田禎夫)

アーノルド・パーマーの名言集

『Brainy Quote』より

私は勝ち目が薄いように見えたとしても
常に全力を尽くすことをやめなかった。

私が勝負を諦めないのは
勝てるチャンスが無いと思ったことがないからだ。

オリジナル意訳・要約

成功への道は
常に建設途中だよ。

オリジナル意訳・要約

勝つことがすべてではない。
だが私はそれを目指す。

オリジナル意訳・要約

勝つためには
大胆にプレー必要があります。

オリジナル意訳・要約

どうして慎重なショットを
打つ必要があるのでしょう。

慎重に打とうが、大胆に打とうが
ミスすればどちらにしろ問題を抱えます。

オリジナル意訳・要約

人生でもっとも大きな楽しみは
人々が「できるわけがない」
と思っていることをやってのけることです。

オリジナル意訳・要約

練習をすればするほど
幸運を手にすることになるだろう。

オリジナル意訳・要約

私は子供のようにパットをしています。
子供の時はみな何も怖がってはいなかったはずです。

オリジナル意訳・要約

『AZ Quote』より

ルールの中にある
勝つ方法を見つけ出せ。

オリジナル意訳・要約

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

絶対に勝つと決意しろ。
高みを目指さなければ
高い所までは登れない。

勝つのは、たいてい
勝てると思っている人間だ。

オリジナル意訳・要約

ボールがどこに飛んでいくかは
クラブヘッドがボールを打つまでにつくられるもの。

※クラブヘッド…ゴルフクラブのボールを打つ部分

自信ある自己流は
自信なき正統派に勝る。

ちょっとした見栄が
ゲームを台無しにする。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示