押井守の名言

自分から降りるな。
戦って降ろされろ。

by 押井守

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は映画監督の押井守さんの名言を
取り上げさせていただきました。

アインシュタインは「どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、
いいじゃないですか」という言葉を残されていますが、
押井守さんの言葉にも通じるものを感じます。

どんな仕事をしようと評価というものは、他人が勝手につけてくれます。
必要なときに必要なだけ自分を責めてくれるので、
自分で自分を責める必要はないんですね。

仕事を自分から降りるというのは、
自分の可能性に区切りをつけてしまう行為でもあります。
もう自分の力はこんなもんだ。これ以上は無理だ。
そこで人は仕事から降りるのですが、
なにも自分から降りなくても、この資本主義では、
力が足りなくなった者から退場していきます。

だから考えるべきは、いつ降りるかではなく、
ただ戦いに集中することです。
自分が戦力外になれば、おのずと引きずり降ろされます。

勝負もせずに試合から降りる必要はない。
降りるのは勝負に負けたときだけでいい。
試合に出れるなら、戦えるなら、思いっきり戦えばいい。
「戦って降ろされろ」という押井守さんの言葉は、
職業人がいつかぶつかる自分の能力の壁に対するひとつの解ではないかなと思います。

押井守のプロフィール

押井 守(おしい まもる/1951年8月8日-)は、東京都大田区大森出身の映画監督、アニメーション演出家、小説家脚本家、漫画原作者、劇作家ゲームクリエイター。東京大学大学院特任教授や東京経済大学客員教授などとしても活動している人物であり、日本のアニメーション監督で、初めて世界三大映画祭すべてに出品した監督としても知られる。1977年に竜の子プロダクションに入社。『一発貫太くん』や、『ヤッターマン』で演出デビューし、1979年にスタジオぴえろに移籍。1980年に放送されたNHK総合テレビ『ニルスのふしぎな旅』で演出を担当し、同作の劇場版で初監督。『うる星やつら』のテレビシリーズのチーフディレクターなどを担当し「視聴率男」の異名をとった。1995年に発表した『GHOST
IN THE SHELL / 攻殻機動隊』で日本の映像作品史上初の米ビルボード誌のビデオ週間売り上げで1位を獲得。2016年度米アニー賞において、生涯功労賞にあたるウィンザー・マッケイ賞が授与された。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

主な著作

  • 『映画の正体 続編の法則』立東舎 (2022/7/15)
  • 『押井守のサブぃカルチャー70年』東京ニュース通信社 (2022/5/2)
  • 『押井守の映像日記 ネットしてたらやっていた』徳間書店 (2021/9/24)
  • 『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』東京ニュース通信社; 増補版 (2021/8/20)
  • 『押井守のニッポン人って誰だ!?』東京ニュース通信社 (2020/11/2)
  • 『押井守監督が語る映画で学ぶ現代史』日経BP (2020/10/29)
  • 『押井守の映画50年50本』立東舎; A5判版 (2020/8/12)
  • 『セラフィム 2億6661万3336の翼』復刊ドットコム; 増補復刻版 (2019/10/17)
  • 『押井守の人生のツボ』徳間書店 (2019/8/8)
  • 『シネマの神は細部に宿る』東京ニュース通信社 (2018/8/8)
  • 『やっぱり友だちはいらない。』徳間書店; 増補版 (2017/12/19)
  • 『世界の半分を怒らせる』幻冬舎 (2017/12/6)
  • 『ひとまず、信じない – 情報氾濫時代の生き方』中央公論新社 (2017/11/8)
  • 『身体のリアル』KADOKAWA (2017/10/4)
  • 『押井言論 2012-2015』サイゾー (2016/2/3)
  • 『ゾンビ日記 2 死の舞踏』角川春樹事務所 (2015/8/28)
  • 『勝つために戦え! 監督稼業めった斬り』徳間書店 (2015/4/15)
  • 『仕事に必要なことはすべて映画で学べる』日経BP (2013/10/10)
  • 『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』幻冬舎 (2012/10/10)
  • 『コミュニケーションは、要らない』幻冬舎 (2012/3/30)
  • 『TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR』エンターブレイン (2005/6/30)
  • 『「イノセンス」 METHODS 押井守演出ノート』角川書店 (2005/2/1)
  • 『METHODS 押井守・「パトレイバー2」演出ノート』KADOKAWA (1994/12/20)

押井守の著作一覧:https://amzn.to/3kmGl01

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。