佐々木常夫の名言 第3集

ただ、ひとつ言えるのは、
本当の自分を隠そうとしても、
それはムダなことだということです。
会社人生とは長いものです。
そして、周りの人は、じっとその人のことを見ています。
10年もすれば、本当はどういう人なのか知れ渡ってしまうものです。
どんなに自分を偽ろうとしても、
自分をよりよく見せようと飾ってみても、ほとんど意味がないのです。

by 佐々木常夫

『働く君に贈る25の言葉』WAVE出版 (2010/10/21)より

出典元書籍:https://amzn.to/3iRhwJr

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は東レ経営研究所の社長を務めた実業家
の佐々木常夫さんの名言を取り上げさせていただきました。

佐々木常夫さんの著書『働く君に贈る25の言葉』を読ませていただいたのですが、
同著で取り上げたいなと思ったのが
「本当の自分を隠そうとしても、
それはムダなことだということです」という部分でした。

会社人生とは長いものです。
一般的なモデルでは転職を挟むにしても
20代半ばから60代半ばまで働くことにあるので、約40年。
40年も一緒に働いていれば、本当の自分なんて見抜かれそうですが、
佐々木常夫さんによると10年もすれば、
本当の自分とはどういう人なのか知れ渡ってしまうよと述べられていました。

どうせ本当の自分が見抜かれてしまうなら、
自分を偽る時間というもの自体が無駄です。
偽りの自分を飾る時間があるなら、本当の自分を磨いた方がいい。
どうせ本当の自分で勝負することになるのですから。

誰に対しても本当の自分で対峙する。
このスタンスで最初から挑む方が健全です。
そして本当の自分を磨くのを怠らない。
この2点が社会人基礎の最初の2点でしょう。

ありのままで生きた方がいいよというより、
ありのままでしか生きられないという方が正しい気がしますが、
何にせよ、長い社会人人生では偽りの自分なんて簡単に見破られる。
結局、本当の自分で勝負しなきゃいけなくなるので、
最初から本当の自分で生きていきましょうというのが今日のまとめです。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。