ライナー・マリア・リルケのプロフィール

ライナー・マリア・リルケ(Rainer Maria Rilke/1875年12月4日-1926年12月29日/男性)は、オーストリアの詩人作家。オーストリア=ハンガリー帝国領プラハ出身。シュテファン・ゲオルゲやフーゴ・フォン・ホーフマンスタールなどと並びウィーン世紀末文化を代表するドイツ語詩人の一人。多くの詩、小説戯曲評論などを残した。元々は恋愛抒情詩を中心に発表していたが、ロシア旅行などでの精神的な経験を経て、独自の作風を作り上げていった。

Created February 28, 2017

主な著作(詩集)

  • 1894年『いのちと歌』
  • 1895年『家神へのささげ』
  • 1896年『夢を冠に』
  • 1897年『降臨節』
  • 1899年『わがための祝い』
  • 1902年/1906年『形象詩集』
  • 1905年『時祷詩集』
  • 1907年『新詩集』
  • 1908年『新詩集 別巻』
  • 1909年『鎮魂歌』
  • 1913年『マリアの生涯』
  • 1923年『ドゥイノの悲歌』
  • 1923年『オルフォイスへのソネット』

ライナー・マリア・リルケの名言集

『Brainy Quote』より

人生の目的は敗北することです。
より偉大なことに挑戦し続けることによって。

オリジナル意訳・要約

人生に初心者用のクラスなんてありません。
最初から最も難しい問題に対処していくことが常に求められます。

オリジナル意訳・要約

『Goodreads』より

あなたの心の中の未解決な問題に
忍耐強く立ち向かいましょう。
そしてその問題自体を愛してしまいなさい。

わけのわからない外国語で書かれた本のような
その難解な問題をです。

今すぐにその問題に立ち向かいましょう。
その答えがわからないとしても
あなたはいずれにしろ、その答えに沿って生きることになるからです。

オリジナル意訳・要約

ここには多くの美しさがあります。当然です。
なぜならどこにでもたくさんの美しさがあるからです。

オリジナル意訳・要約

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

誰かを愛すること
これは私たちに課せられた最も困難な試練です。
すべての努力はそのためにある。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示