イチローのプロフィール

鈴木 一朗(すずき いちろう/1973年10月22日-/男性)は、世界的な活躍を見せた日本のプロ野球選手。愛知県西春日井郡豊山町出身。1991年にオリックス・ブルーウェーブに入団(ドラフト4位)。翌年7月11日に福岡ダイエーホークス戦で初出場。オリックス時代にはMVP、首位打者、打点王、盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞などを獲得し、757試合目で通算1000本安打を達成(日本プロ野球史上最速)。2000年にメジャーリーグ挑戦を表明し、シアトル・マリナーズに移籍。野手としては日本人初のメジャーリーガーとなり、2001年4月2日にオークランド・アスレチックスとの開幕戦でメジャリーグデビュー。「日本人野手がメジャーで通用するのか?」という声が日米双方でよく聞かれたが、シーズン242安打(当時歴代9位)・打率.350をマークし、メジャーリーグ新人最多安打記録を樹立。新人王とMVPに同時に選出されほか、オールスターゲームではファン投票1位を獲得し、1年目から驚異の成績を残す。マリナーズでは2012年までプレーし、2012年にニューヨーク・ヤンキースへ移籍。2015年からはマイアミ・マーリンズでプレーしている。2006年と2009年に紫綬褒章を受章。

Created March 6-7, 2017

主な関連書籍

  • 『イチロー 262のメッセージ・シリーズ』ぴあ
  • 『イチロー積み重ねる言葉100:僕は通過点とは言ってないですよ。ゴールとも言ってないけど』英和出版社
  • 『イチローがいた幸せ:大リーグ関係者50人が証言する異次元体験』悟空出版(著:杉浦大介)
  • 『イチロー・インタヴューズ:偉業はここから始まった』文藝春秋(著:石田雄太)
  • 『大リーガー イチローの少年時代』二見書房(著:鈴木宣之)
  • 『イチロー思考:孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫』東邦出版(著:児玉光雄)
  • 『イチロー 会見全文』ゴマブックス(著:国際情勢研究会)
  • 『天才・イチロー:成功を導く魔法の「言葉」-自分のやることには、理由がなければならない』イースト・プレス
  • 『イチローイズム:僕が考えたこと、感じたこと、信じること』集英社(著:石田雄太)
  • 『イチローUSA語録:』集英社(編:デイヴィッド シールズ / 訳: 永井淳,戸田裕之)
  • 『イチロー頭脳:目標を達成するための思考法』東邦出版(著:児玉光雄)
  • 『イチロー哲学:至高の頭脳が自然と身につく』東邦出版(著:児玉光雄)

イチローの名言集

『イチロー 262のメッセージ:夢をつかむ』ぴあ より

夢をつかむことというのは
一気にはできません。

ちいさなことを積み重ねることで
いつの日か、信じられないような力を
出せるようになっていきます。

(野球少年たちに向けた言葉)

楽しんでやれ
とよく言われますが
ぼくにはその意味がわかりません。

楽しむというのは
決して笑顔で野球をやることではなくて
充実感を持ってやることだと解釈してやってきました。

ここに辿りつくまでのことを
「楽しんでやる」というような表現はとてもできません。

略・要約

チームの負けがこんでいるときこそ
しっかりしなければいけません。

それでモチベーションをさげる人は
言い訳を求めて逃げているのだと思います。

憧れを持ちすぎて
自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。

自分の持っている能力を
活かすことができれば、可能性は広がると思います。

『イチロー・インタヴューズ』文藝春秋より

一番苦しいと感じるのは
できるのにできないということ。

自分だけは違う
という発想は危険なんです。

『イチロー思考』東邦出版より

自分にとって満足できるのは
少なくとも誰かに勝ったときではない。
自分が定めたものを達成したときです。

試合後(2004年10月1日)のインタビューより – 略・要約

小さなことを重ねていくことが
とんでもないところに行く
ただ一つの道なんだなと感じています。

試合後(2004年10月1日)のインタビューより – 略・要約

『イチロー頭脳』東邦出版より

自分を殺して相手に合わせることは
僕の性には合いません。

まして上からいろいろ言われて
納得せずにやるなんてナンセンスだと思います。

オリックス時代のフォーム改造を拒否した時を振り返っての言葉

『イチロー哲学』東邦出版より

いろんな世界の
トップの人たちに会いましたけど、みんな口を揃えて言いましたよ
「自分のためにやっている」って。

「何のためにやっているのか?」と質問されて

(メジャー選手)の凄いところは
「あ、すごい選手だ」と認めたら
2500本もヒットを打っている選手でも訊きにくるんですよ。

自分のプライドを固辞しないで
まだ学ぼうとする。それには恐れ入りました。

メジャー選手の凄さを質問されて – 略・要約

『AZ Quote』より

過去の業績に夢中になるのではなく
将来の業績に重点を置いています。
それが私のモットーです。

意訳・要約

個人的に「成功」という言葉が
好きではありません。

それはあまりにも
感覚的であり、相対的です。

そしてそれは自分自身ではなく
たいてい他人が作った定義です。

意訳・要約

最高の打者と言われても
10回に7回は失敗してるんですよ。
まだまだ成長できます。

意訳・要約

日本人は自分の感情を
抑えようとする傾向が強い。
それは日本人の気質です。

彼ら(アメリカ人)は
自分の感情を殺します。

意訳・要約

朝に軽い散歩をして
安らぎを得る人々もいるでしょう?
私はそれがバットを振ることだっただけです。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示