メアリー・シェリーのプロフィール

メアリー・シェリー(Mary Shelley, Mary Wollstonecraft Godwin Shelley/1797年8月30日-1851年2月1日/女性)は、イギリスの小説家。サマーズ・タウン出身(ロンドン北西部)。ゴシック小説『フランケンシュタイン』の作者として知られる人物であり、SFの先駆者と称されることも多い人物。父は政治評論家のウィリアム・ゴドウィン(William Godwin/1756-1836)、母は社会思想家のメアリー・ウルストンクラフト(Mary Wollstonecraft/1759-1797)。

Created March 9, 2017

主な著書

  • 1818年『フランケンシュタイン』Frankenstein
  • 1819年『マチルダ』Mathilda
  • 1923年『Valperga』
  • 1826年『最後の人間』The Last Man
  • 1830年『The Fortunes of Perkin Warbeck』
  • 1835年『Lodore』
  • 1837年『Falkner』
  • 1839年『The Poetical Works of Percy Bysshe Shelley』

メアリー・シェリーの名言集

『Goodreads』より

それが悪とわかっていて
悪を選ぶ人なんていない。
自分が求めている善や幸せと間違えただけなの。

意訳・要約 – 母の言葉

始まりはいつも今日。

意訳・要約

注意してください。
私には恐怖というものがない。
したがって強力です。

意訳・要約 – 『フランケンシュタイン』

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

しっかりとした目標ほど
心を静めるのに貢献するものはない。

魂が知的な目を向ける
その一点の目標ほど。

あなたの心に一筋の光を与えるものは
自分の信念の知的到達点である
確固たる目的意識以外には何もない。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示