メイ・サートンのプロフィール

メイ・サートン(May Sarton/1912年5月3日-1995年7月16日/女性)は、アメリカの詩人、小説家。ベルギー・ウォンデルヘム生まれ。父は科学史家のジョージ・サートン(George Sarton)、母は英語アーティストのマーベル・エレノア・エルウィス(Mabel Eleanor Elwes)。幼少期にドイツ軍によるベルギー侵略があり、イギリスを経てアメリカ・ボストンに移住。ケンブリッジの学校を卒業後、詩を作りはじめ、1937年に最初の詩集『Encounter in April』を発表。詩や小説、ノンフィクションを数多く発表したほか、児童文学も手掛けた。1958年にアメリカ芸術科学アカデミーのフェローに選出。

Created March 10-11, 2017

主な著書

  • 『70歳の日記』
  • 『独り居の日記』
  • 『夢見つつ深く植えよ』
  • 『海辺の家』
  • 『私は不死鳥を見た』
  • 『回復まで』
  • 『82歳の日記』
  • 『わたしの愛する孤独』
  • 『一日一日が旅だから』
  • 『総決算のとき』
  • 『今かくあれども』
  • 『猫の紳士の物語』
  • 『ミセス・スティーヴンズは人魚の歌を聞く』

メイ・サートンの名言集

『Goodreads』より

寂しくなるのは
自分に自信がなくなってしまっている時。

一人でいれるというのは
自分に自信がある証拠。

意訳・要約

『Brainy Quote』より

全体で考えてごらん。
1度の失敗なんて取るに足らない出来事だよ。

意訳・要約

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

自分との戦いは
いつだって面白い。

幸せっていうのは
瞬間的に感じるもの。

そして、そんな瞬間的な幸せは
毎日、誰もに訪れているの。

要約・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示