クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケルのプロフィール

クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル(Klemens Wilhelm Jacob Meckel/1842年3月28日-1906年7月5日/男性)は、兵学教官として明治前期の日本に赴任し日本陸軍のプロイセン式軍制の基礎を築いたプロイセン王国・ドイツ帝国の軍人。プロイセン王国ケルン出身。プロイセン陸軍大学校を卒業後、普仏戦争などに参戦し鉄十字勲章を受賞。日本政府から兵学教官派遣要請を受けていたドイツは、ベルンハルト・フォン・モルトケの推薦から当時陸軍大学校の兵学教官であったメッケル少佐を派遣。1885年に来日。日本陸軍の陸軍大学校教官となり、フランス式の兵制が主であった日本にドイツ式の兵制を導入。3年間日本での任務にあたり、1888年にドイツへ帰国。その後、ナッサウ歩兵第2連隊長、参謀本部戦史部長、陸軍大学校教官、陸軍少将などを歴任。

Created March 11, 2017

クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケルの名言集

『坂の上の雲』より

間違ってはいないが
理論的でありすぎる。

戦いは
出鼻で勝たねばならない。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示