ミハイル・ゴルバチョフのプロフィール

ミハイル・ゴルバチョフ(Mikhail Sergeyevich Gorbachev/1931年3月2日-/男性)は、ソビエト連邦最後の最高指導者として知られる政治家。ソ連の第8代最高指導者(1985–1991)、初代大統領(1990–1991)、初代最高会議議長(1988–1989)などを務めた人物。1985年に共産党書記長に就任し、停滞していたソ連内政の抜本的改革を進めるためにペレストロイカ(政治体制の改革)やグラスノスチ(情報政策)を断行。外交では民主化を支持し冷戦を終結。改革を推し進めていたものの、国内の民族主義や政治勢力の分裂を抑えることができず、1991年にクーデター(ソ連8月クーデター)が起き、結果的に共産党の一党独裁体制とソ連崩壊を招く。ロシアや旧ソ連諸国では自国を崩壊させたことから評価が分かれているものの、冷戦の終結をはじめ、中距離核戦力全廃条約の調印、ペレストロイカによる共産圏の民主化など世界的な評価は高く、1990年にノーベル平和賞を受賞。

Created March 11, 2017

ミハイル・ゴルバチョフの名言集

『Brainy Quote』より

世界は独裁や支配を
受け入れないだろう。

意訳・要約

今やるべきじゃない?
じゃあいつやるんだ。

意訳・要約

いままで使ってきた方法や手段で
今後も問題を解決できると思っているとしたら
その考えは甘いと言わざるを得ない。

意訳・要約

自分の間違いを認めることは
非常に難しい。
しかしそれをしなければ先には進めない。

意訳・要約

昨日成し遂げたことが
大きく見えるのだとしたら
今日はたいしたことをやっていない。

意訳・要約

『AZ Quote』より

平和とは同じものに
統一することではない。

お互いの差異を認め合い
多様性の中で団結するということだ。

意訳・要約

お互いを潰し合うような
不道徳な計画を立てるぐらいなら

私は議論に議論を重ね合い
どこまでも話し合うことを選ぶ。

意訳・要約

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

私は収穫の時には
立ち会えないかもしれないが

今のうちにまけるだけの種を
まいておきたい。

要約・略

何より大切なのは
自分が成功しようとしまいと
悠然として自信を失わないこと。

家族や友人、そして自分を信じて
権力や名誉などなくとも立派に生きていけることを確信してゆくことです。

人間は試練に立ち向かう強い心を
常に持たなければならない。

不幸や敗北に屈しない勇気と頑強さ。
そして困難のときこそ
自身を試すという決意なくして
本当の人生を生き抜くことは難しい。

相手に平和を与える人は
自分も平和を得ることになります。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示