マデレーン・オルブライトのプロフィール

マデレーン・コルベル・オルブライト(Madeleine Korbel Albright/1937年5月15日-/女性)は、アメリカの政治家外交官。チェコスロバキア・プラハ出身。出生名はマリー・ヤナ・コルベロヴァ。アメリカ初の女性国務長官を務めたことで知られる人物。第二次世界大戦後、チェコスロバキアが共産化したため1950年にアメリカへ移住。ウェルズリー大学やジョンズ・ホプキンス大学、コロンビア大学で学んだ後、国家安全保障会議スタッフ(1978-1981)を経てジョージタウン大学で教壇に立つ。1993年に国連大使に就任し、1997年の第二期クリントン政権の発足時に第64代アメリカ合衆国国務長官に就任。国務長官時代にはユーゴスラビアのコソボ紛争などに取り組み、コソボの自治権獲得に導くなどの成果を挙げた。

Created March 21, 2017

主な著書

  • 1983年『Poland: The Role of The Press in Political Change』
  • 1999年『Focus on the Issues: Africa』

マデレーン・オルブライトの名言集

アンドリュー・アルバネーゼ『グラデュエーションデイ:未来を変える24のメッセージ』オデッセイ・コミュニケーションズより

掲げる目標が高いほど
笑いものにされたり
意義を唱えられることでしょう。

現実的と自負する人たちに
どれだけ鼻であしらわれても
勇気を失わないでください。

要約・略

価値のある仕事というのは
必ずその根底に信念があります。

要約・略

いつも背筋を
まっすぐに伸ばすのを忘れないでください。

(※1997年5月25日に行われたマウントホリヨーク女子大学での講演より)

『Brainy Quote』より

どのようなメッセージを
発するにせよ
そのメッセージの受け手が人間であることを忘れてはいけません。

意訳・要約

何が悪い事なのかは
誰もが知っていると思う。

だけど何が良い事なのかを
明確に定義するのは困難です。

意訳・要約

私がずっと言ってきたことは
この世界は平凡な男性のための部屋がたくさんある。

だけど平凡な女性の
部屋は用意されておらず
女性は常に懸命に働かなければならないということです。

意訳・要約

私が外交官として学んだのは
最終的には人間関係が
結果に大きな影響を与えるということです。

意訳・要約

女性が組織に増えれば
確かに会話の音色は変わるでしょう。

ですが女性たちだけで
組織を動かせば世界はもっと良くなるという意見には賛成できません。

そのような意見を言う人は
おそらく学生時代を忘れているのです。

意訳・要約

女性は友達でない人と
ネットワークを築こうとしません。

男性はネットワークを
作るのが上手ですが
彼らは友達とは限らないものです。

意訳・要約

他人の立場に
身を置くことができない限り
交渉を成功に導くことはできません。

相手の動機が
何なのかを理解しない限り
問題を解決することはできないのです。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示