マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハのプロフィール

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハ(Marie von Ebner-Eschenbach/1830年9月13日-1916年3月12日/女性)は、オーストリアの小説家著述家エッセイスト。オーストリア帝国モラヴィア出身。様々なジャンルの作品を残しているが、特に心理小説の分野で評価の高い人物。代表作に『Das Gemeindekind』『Dorf- und Schlossgeschichten』など。

Created March 22, 2017

主な著作

  • 1858年『Aus Franzensbad』
  • 1861年『Das Veilchen』
  • 1869年『Doktor Ritter』
  • 1873年『Das Waldfraulein』
  • 1878年『Die Freiherren von Gemperlein』
  • 1880年『Aphorismen. Berlin』
  • 1883年『Dorf- und Schlosgeschichten』
  • 1885年『Zwei Comtessen』
  • 1887年『Das Gemeindekind』
  • 1890年『Unsuhnbar』
  • 1896年『Rittmeister Brand』
  • 1905年『Die unbesiegbare Macht』

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハの名言集

『Brainy Quote』より

私たちは経験するものではなく
経験したことをどう認識するかで、私たちの運命が決まります。

意訳・要約

止まった時計だって
1日に2回は正しい時があるのです。

意訳・要約

権利の最大の敵は
特権です。

意訳・要約

2人の善良な人が
意見を主張する場合、どちらも正しい。

意訳・要約

征服は
勝利を意味しません。

意訳・要約

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

私たちは支えている相手に
支えられて生きているのです。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示