Created March 26, 2017

ヘルマン・ヘッセの名言集 Vol.2

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。

自分自身に達するということ。
これが職人が目指す
ただひとつの頂点なんだ。

たえず続く夢
というものはありません。

どんな夢でも
新しい夢に代わられます。

どんな夢にも
固執しようとしてはなりません。

君の中には
必要なすべてがある。

「太陽」もある。
「星」もある。「月」もある。

君の求める光は
君自身の内にあるのだ。

あなたは深いところで
よく知っているはずだ。

たった一つの魔法を
たった一つの力を
たった一つの救いがあることを。

それは
「愛すること」だということを。

私が人生を諦めて
自分一個の幸不幸などはどうでもよいと悟って以来

少なくとも人生は
私にやさしくしてくれるようになった。

君自身であれ!
そうすれば世界は豊かで美しい!

書物そのものは
君に幸福をもたらすわけではない。

ただ書物は
君が君自身の中へ帰るのを助けてくれる。

人間は自分をあまりに
重要視しすぎている。

我々人間は
鳥やアリの生より
決して困難なものではない。

むしろもっと簡単で
素敵なものだ。

地上には
たくさんの道が用意されている。

ただし、どの道を歩こうとも
その道は自分の力で歩んでいかなければならない。

先生やパパや
どこかの神様に
気に入られるかどうかなんて気にしなくていい。

そういうことを気にしたら
我が身の破滅を招くだけのことである。

忘れてはいけない。
偉大な人間になって
なにか立派なことを成し遂げようと思ったら

多くのことを
断念できなくてはならないということを。

卵から生まれる時
鳥はむりやり出ようとする。

卵とは世界である。
生まれ出ようとする者は
一つの世界を破壊しなければならない。

人生は生きるに値する
ということが

あらゆる芸術の究極の内容であり
慰めでもある。

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示