ギュスターヴ・フローベールのプロフィール

ギュスターヴ・フローベール(Gustave Flaubert/1821年12月12日-1880年5月8日/男性)は、フランスの小説家。セーヌ=マリティーム県ルーアン出身(フランス西部)。法律を学んでいたものの、てんかん(慢性の脳疾患)を発症したの機に文学に専念。1857年に発表した小説『ボヴァリー夫人』(Madame Bovary)で高い評価を獲得し、小説家としての地位を確立。その他の代表作に『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』などがある。

Created April 17, 2017

主な作品

  • 1838年『狂人の手記』
  • 1842年『十一月』
  • 1857年『ボヴァリー夫人』
  • 1862年『サランボー』
  • 1869年『感情教育』
  • 1874年『聖アントワーヌの誘惑』
  • 1877年『三つの物語』
  • 1881年『ブヴァールとペキュシェ』(未完/遺作)
  • 『紋切型辞典』(遺作)

ギュスターヴ・フローベールの名言集

『Brainy Quote』より

あなたの生涯で
もっとも輝く日は勝利の日ではない。

それは悲嘆と
絶望の中にありながら
人生に立ち向かった日である。

意訳・要約

成功というのは
たんなる結果だ。
目標にするものではない。

意訳・要約

どれだけの敵がいるかで
あなたがすることの重要度がわかる。

意訳・要約

真実など存在しません。
ただ我々が見たものが
そこにあるだけです。

意訳・要約

芸術というのは
そもそも真実ではないのだ。

意訳・要約

成長すればするほど
すべてのものが劣化して見えるはずです。

意訳・要約

『Goodreads』より

独創的な仕事は
規則正しく秩序ある人生から生まれます。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

我々は
自分の生きる時代を中傷する。
しかしそれは
過去を知らないからに過ぎない。

人間がやってきたことなど
今も昔もそれほど大差ないのだ。

要約・略

旅をすれば
人間は謙虚になる。

地球に比べれば
人間がどれだけ
ちっぽけな存在かを
思い知らされるからだ。

要約・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示