ハーバート・ジョージ・ウェルズ(H・G・ウエルズ)のプロフィール

ハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells/1866年9月21日-1946年8月13日/男性)は、イギリスの著述家、小説家、歴史家。イングランド・ケント州ブロムリー出身。ジュール・ヴェルヌと並び「SFの父」と称される人物であり、社会活動家や歴史家としての活動でも知られる。代表作に『タイム・マシン』『宇宙戦争』『透明人間』など。

Created May 5, 2017

主な作品

  • 1896年『タイム・マシン』
  • 1895年『驚異の訪れ』
  • 1896年『モロー博士の島』
  • 1897年『透明人間』
  • 1898年『宇宙戦争』
  • 1899年『今より三百年後の社会』
  • 1900年『恋愛とルイシャム氏』
  • 1901年『月世界最初の人間』
  • 1906年『彗星の時代』
  • 1910年『ポーリー氏の生涯』
  • 1913年『情熱的な友人たち』

ハーバート・ジョージ・ウェルズ(H・G・ウエルズ)の名言集

『Brainy Quote』より

先頭を突き進み
灰になってかまわない。

その灰から
新たな炎が生まれるのだから。

意訳・要約

人類の歴史とは
アイデアの歴史である。

意訳・要約

本当に大事なのは
何を持っているかではなく
何をしたかということ。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

時計やカレンダーに
目をくらまされ

人生の一瞬一瞬が
奇跡であることを忘れてはならない。

抜粋・略

愛する気持ちを
憎しみや怒りよりも強く保ちなさい。

そして、妥協する知恵を
学びなさい。

少しぐらい譲歩したほうが
すべてを失うより
ずっといいのですから。

抜粋・略

昨日倒れたのなら
今日立ち上がればいい。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示