ハインリッヒ・シュリーマンのプロフィール

ハインリッヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann/1822年1月6日-1890年12月26日/男性)は、ドイツの考古学者、実業家。ギリシア神話に登場する伝説の都市トロイアの実在を発掘によって証明した人物として著名。職を転々としながらも商才を発揮し、発掘調査費を捻出。勉学にも励み多国語を学習。母国語のドイツ語に加え、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、ポルトガル語、スウェーデン語、ポーランド語、イタリア語、現代・古代ギリシア語、ヘブライ語、ラテン語、ロシア語、アラビア語、トルコ語など18ヶ国語を話せたという。

Created June 23, 2017

主な著書

  • 『古代への情熱 シュリーマン自伝』
  • 『日本中国旅行記/シュリーマン旅行記 清国・日本』

ハインリッヒ・シュリーマンの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

夢を持つと
苦難を乗り越える力が湧いてくる。

抜粋・略

目的の大きさに比例して
努力・精進しなければならいのは
人生の鉄則だ。

抜粋・略

みじめな境遇と
努力すればそこから
抜け出せるという
たしかな見通しほど
勉学に拍車をかけるものはない。

抜粋・略

目的がハッキリしてこそ
手段も鮮明になってくる。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示