ハワード・シュルツのプロフィール

ハワード・シュルツ(Howard Schultz)は、アメリカの実業家。コーヒーショップチェーンを展開するスターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者。ノーザン・ミシガン大学を卒業後、ゼロックス、雑貨会社を経て1982年にスターバックス社に入社。1985年独立し、エスプレッソ小売店を創業。1987年にスターバックス社を買収。シアトルの一コーヒーショップに過ぎなかったスターバックスを世界的なコーヒーショップチェーンにまで成長させた。

Created July 7, 2017

主な著書

  • 『スターバックス再生物語:つながりを育む経営』徳間書店(ジョアンヌ・ゴードンとの共著)
  • 『スターバックス成功物語』日経BP社(ドリー・ジョーンズ ヤングとの共著)

ハワード・シュルツの名言集

『Brainy Quote』より

人生を他人のせいにして
自分自身を哀れむこともできる。

そして自分自身の責任として
背負うこともできる。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

物事がうまく運び
周囲の称賛を浴びているときに
なぜ勝利の方程式を書き換えなければならないのか?

答えは簡単だ。
世の中は常に変化しているからである。

顧客のニーズや好みは
毎年変化し、競争も激化する。

ビジネスでも人生でも
変化を免れるものは一つもない。

現状に寄りかかっていると
不幸な結果を招くことになるんだ。

抜粋・略

他の人が賢明だと
思う以上に注意しろ。

他の人が安全だと
思う以上にリスクを冒せ。

他の人が現実的だと
思う以上に夢を見ろ。

他の人が可能だと
思う以上に期待しろ。

抜粋・略

私たちは空腹を満たす
仕事をしているのではない。
魂を満たす仕事をしているのだ。

抜粋・略

私たちは毎日何かを
学ばなくてはいけない。

抜粋・略

小売店やレストランでは
顧客がどのような体験をするかですべてが決まる。

たった一度悪印象を与えただけで
永久にその顧客を失うことになるのだ。

パートタイマーとして働く
20歳の学生や俳優志願者の手に
会社の命運が託されているのであれば
彼らを消耗品のように扱ってよいはずがない。

抜粋・略

幸運とはチャンスを逃さず
自分の将来に責任を持つことに他ならない。

他の人たちには見えない目をこらし
誰がなんと言おうと
自分の夢を追い続けることなのである。

抜粋・略

成功した起業家ほど
自己改革が必要な者はいない。

抜粋・略

不運があきらめから
生じる事は間違いないが
幸運はそれを目指した者がつかむのだ。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示