ノーマ・コーネット・マレックのプロフィール

ノーマ・コーネット・マレック(Norma Cornett Marek/1940-2004)は、アメリカの詩人。ケンタッキー州出身。10歳で亡くなった息子サムエルに捧げた詩「最後だとわかっていたなら(Tomorrow Never Comes)」を1989年に発表。9.11同時テロの後に、彼女の詩がアメリカでチェーンメールなどによって広まり、広く知られるようになる。2001年頃からはインターネットによる作品発表を続け、64歳(2004年)のときに末期がんにより永眠。

Created July 17, 2017

主な著書

  • 『最後だとわかっていたなら』サンクチュアリ出版(訳:佐川睦)

ノーマ・コーネット・マレックの名言集

『最後だとわかっていたなら』サンクチュアリ出版より

たしかにいつも
明日はやってくる

でももしそれが
わたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら

わたしは今日
どんなにあなたを愛しているか
伝えたい

抜粋・略

だから今日
あなたの大切な人たちと
しっかりと抱きしめよう

そしてその人を
愛していること
いつでもいつまでも
大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう

そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示