ノーマン・カズンズのプロフィール

ノーマン・カズンズ(Norman Cousins/1915年6月24日-1990年11月30日/男性)は、アメリカのジャーナリスト、作家。ニュージャージー州ユニオンシティ出身。コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジを卒業後、『ニューヨーク・イブニング・ポスト』(後のニューヨーク・ポスト)紙に就職。1942年から1947年にかけて評論誌『サタデー・レビュー』の編集長を務め、同誌の発行部数を2万部から65万部まで伸ばした。また広島戦災児育成所の原爆孤児たちに強い衝撃を受け、「4年後のヒロシマ」を発表。孤児に対する支援なども行い、その貢献から広島県の平和記念公園にノーマン・カズンズ記念碑が建立された。

Created July 18, 2017

主な著書

  • 『笑いと治癒力』岩波書店(訳:松田銑)
  • 『私は自力で心臓病を治した』角川書店(訳:松田銑)
  • 『生への意欲:続 笑いと治癒力』岩波書店(訳:松田銑)
  • 『死の淵からの生還:現代医療の見失っているもの』講談社(訳:松田銑)
  • 『ヘッド・ファースト:希望の生命学』春秋社(訳:上野圭一, 片山陽子)
  • 『人間の選択:自伝的覚え書き』角川書店(訳:松田銑)
  • 『世界市民の対話:平和と人間と国連をめぐって』聖教新聞社(池田大作との共著)

ノーマン・カズンズの名言集

『Brainy Quote』より

人生における最大の損失は
死ではない。

最大の損失は
死んだように生きることだ。

意訳・要約

最も大きな武器になるのは
あなたの意志にほかならない。

意訳・要約

人生とは
許しの旅です。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

人間の再生能力を
過小評価してはならない。

抜粋・略

我々が恐れなくてはならない
牢獄があるとすれば

それは結局のところ
我々の無気力と
優柔不断だけである。

抜粋・略

自信と希望が
免疫の力を高め
コレステロールも下げる。

抜粋・略

悲観することは
時間の浪費だ。

抜粋・略

教育の失敗は
社会の崩壊を招く。

抜粋・略

自らの良心から
行動する個人ほど
強力なものはない。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示