ノエル・カワードのプロフィール

ノエル・カワード(Noel Coward/1899年12月16日-1973年3月26日/男性)は、イギリスの俳優、作家、脚本家、演出家、劇作家。ロンドン出身。1910年に子役として初舞台を踏み、第一次世界大戦後のジャズ・エイジの中で中流階級の気ままな生活や男女関係を描いた恋愛ゲームなどのおしゃれでウィットに富んだ作品で人気を博す。シリアスな人生劇より、洗練された喜劇を好んだ事で知られる人物であり、真剣に人を愛したり、国を愛したり、人生に悩んだりすることを極端に嫌った。また、1920年代のファッションに大きな影響を与えたことでも知られ、首にスカーフをまくことや、タートルネックセーターは彼が舞台で初めて身につけたと言われている。

Created July 22, 2017

主な作品

  • 1921年『新思想』
  • 1924年『ヴォルテックス』
  • 1925年『落ちた天使』
  • 1925年『枯草熱』
  • 1927年『熱風』
  • 1929年『ほろにが人生』
  • 1930年『私生活』
  • 1931年『騎馬隊』
  • 1941年『陽気な幽霊』
  • 1942年『幸福な種族』

ノエル・カワードの名言集

『Goodreads』より

他人に何かを言われ
自分の信仰を失わないでください。

熱心に努力し
自分のベストを尽くせばいいのです。

意訳・要約

自分が誰であるかを決めるまで
何を望むかを決めることはできません。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

才能に恵まれた人など
いくらでもいる。

才能があってよかったと言うのは
目があってよかったと言うのと
大した違いはない。

それよりも大事なのは
忍耐力があるかどうかだね。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示