ニコラ・テスラのプロフィール

ニコラ・テスラ(Nikola Tesla/1856年7月10日-1943年1月7日/男性)は、オーストリア帝国(現在のクロアチア)出身の電気技師、発明家。交流電流、ラジオ・ラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、テスラコイルなどの発明や無線送電システム(世界システム)の提唱者として知られる人物。また、1884年にエジソンの会社「エジソン電灯」に就職したが、直流電流による電力事業を展開していた同社において交流電流による電力事業を提案し、エジソンと対立。テスラは独立し、1887年に「Tesla Electric Light Company」(テスラ電灯社)を設立(交流電流による電力事業を推進し、交流電源の特許を受諾)。その後、100万ボルトまで出力できる高圧変圧器や無線トランスミッターなど数々の発明を行った。

Created August 4, 2017

ニコラ・テスラの名言集

『Goodreads』より

あなたの憎しみを
電気に変換してしまいなさい。

そうすれば
世界全体が明るくなる。

意訳・要約

昨日の驚異は
今日の一般的な出来事に過ぎません。

意訳・要約

愛とは
与えるものです。

意訳・要約

過去を見直してごらんなさい。
ほんの小さなことが
私たちの運命に大きな影響を
与えてきたことに気付くでしょう。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

現在は彼らのものかもしれないが
未来は私のものだ。

(※直流電流が主流であった当時の電力事業に対しての発言と思われます。後にテスラが推進した交流電流方式が世界的な主流となりました。)

抜粋・略

直観は
知識を超越する。

われわれの脳の中にある
素晴らしい組織に比べれば

論理や計画的な努力は
取るに足らないものになってしまう。

抜粋・略

私は実際の作業を
性急に進めるような事はしない。

まずは、頭の中で装置を動かし
改良を行っていく。

実際に工場で試験を行うのも
思考の上で試すのも
大した違いはないのだ。

抜粋・略

あまりにも多くの
アイデアが頭を通過したので
ほんのわずかしか捕まえられなかった。

抜粋・略

天才とは
99%の努力を無にする
1%のひらめきのことである。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示