トマス・ヘンリー・ハクスリーのプロフィール

トマス・ヘンリー・ハクスリー(Thomas Henry Huxley/1825年5月4日-1895年6月29日/男性)は、イギリス・イーリング出身の生物学者。チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した人物として知られ、人間とゴリラの脳の解剖学的構造の類似点による進化論を擁護を行った。「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」という異名で呼ばれることもある。ただし、ダーウィンの発表した理論に対して全面的な賛成をしていたわけではなく、「漸進的な進化」などをはじめ、多くの理論に対して反対の立場をとっており、厳しい自然環境が進化に方向性を与えるという「自然選択説」よりも「唯物論的な科学」を支持をしている。また「進化論を支持=聖書の内容を否定」という図式がなりたっていた時代背景において、進化論を支持しながらも、学校における聖書教育も提唱しており、これに対してハクスリーは聖書はイギリスの論理形成において、非常に重要な文学的、道義的な文献であるという立場をとっている。

Created August 14, 2017

トマス・ヘンリー・ハクスリーの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

経験とはあなたに起こった
出来事のことではない。

起こったことに対して
あなたが何を行ったかなのだ。

抜粋・略

生きるのに一番役に立つのは
若い時に手痛い失敗を
経験しておくことである。

抜粋・略

人生において大事なのは
学ぶことではない。

学んだことを
どう自分の人生に活かすかである。

抜粋・略

鎖につながれて
正しい道を歩くくらいなら

私は間違いながらも
自由に歩く方を選ぶ。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示