ピエール・テイヤール・ド・シャルダンのプロフィール

ピエール・テイヤール・ド・シャルダン(Pierre Teilhard de Chardin/1881年5月1日-1955年4月10日/男性)は、フランスのカトリック司祭、古生物学者、地質学者、哲学者、思想家。フランス・オーヴェルニュ地域圏出身。主著『現象としての人間』でキリスト教的進化論を提唱し、二十世紀の思想界に大きな影響を与えた人物。北京原人の発見と研究でも知られる。

Created September 3, 2017

主な著作

  • 『現象としての人間』
  • 『自然のなかの人間の位置』
  • 『科学とキリスト』
  • 『愛について』
  • 『神のくに・宇宙讃歌』
  • 『神の場―内面生活に関するエッセイ』
  • 『物質の核心』

ピエール・テイヤール・ド・シャルダンの名言集

『Brainy Quote』より

人生で最も満足できる者は
自分の大部分を
他人に与えることができた者だ。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

自分には能力の限界が
存在しないかのように
邁進し続けることが
人間に課せられた義務である。

抜粋・略

未来は次の世代に
希望を与える人たちのものである。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示