デビッド・E・ケリーのプロフィール

デビッド・E・ケリー(David Edward Kelley/1956年4月4日-/男性)は、アメリカの脚本家、テレビドラマプロデューサー、映画プロデューサー。メーン州出身。プリンストン大学とボストン大学で学んだ後、ボストンで弁護士として働く。1980年代からシナリオ執筆に関わるようになり、アメリカのテレビドラマ「L.A.ロー 七人の弁護士」の数本の脚本を担当。弁護士としての経験を活かし、弁護士を題材としたドラマの制作を多く手掛け、「ザ・プラクティス」「アリー my Love」「ボストン・リーガル」などのヒット作を生み出す。1993年に女優「ミシェル・ファイファー(Michelle Marie Pfeiffer/1958-)」と結婚。

Created September 8, 2017

主な担当作品(テレビ番組)

  • 『天才少年ドギー・ハウザー』
  • 『ピケット・フェンス』
  • 『シカゴ・ホープ』
  • 『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』
  • 『アリー my Love』
  • 『ボストン・パブリック』
  • 『ボストン・リーガル』
  • 『ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所』
  • 『弁護士ビリー・マクブライド』

デビッド・E・ケリーの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

失敗した回数。
これはどれだけ
成功に近づいているかを
僕に教えてくれるんだ。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • デビッド・E・ケリー. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2017年2月13日 (月) 06:15, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。