チャールズ・ケタリングのプロフィール

チャールズ・ケタリング(Charles Franklin Kettering/1876年8月29日-1958年11月24日or11月25日/男性)は、アメリカのメカニックエンジニア、発明家、科学者、社会哲学者。ゼネラル・モーターズ(GM)のデルコ・エレクトロニクスの前身である「デルコ」の創設者(エドワード・A・ディーズとの共同事業)。300以上の特許を取得した発明家としても有名で、主な発明品に電気式ヘッドライト、セルモーター、イグニッション・システム、携帯型ライト、未熟児保育器、エンジン使用の発電機などがある。また、現在では環境問題の原因となっている「フロンガスによる冷却法」など合成化学物質の開発において、当時の画期的な発明を行った科学者としても知られる。

Created September 12, 2017

チャールズ・ケタリングの名言集

『Brainy Quote』より

昨日のことばかり考えていたら
より良い明日に辿りつくことはできない。

意訳・要約

偉業は高い志のもとで
達成される。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

明確に問題を
述べることが出来れば
すでに半分解決されたようなものである。

抜粋・略

999回失敗しても
1回うまくいけばいい。
それでこそ発明家だ。

失敗はうまくいくための
練習だと考えている。

抜粋・略

自分自身を信じ
自分の考えを信ずるなら
たいていは成功することを私は発見した。

抜粋・略

失敗するはずはないと信じ
行動しなさい。

抜粋・略

足を速めれば速めるほど
つまずく可能性は大きくなるが
どこかにたどり着く可能性も大きくなる。

抜粋・略

人が欲しいと思うものを作れば
ビジネスは自然と立ち直る。

抜粋・略

何度失敗してもあきらめず
しかも、それを気にしないこと。

抜粋・略

失敗が許されないのは
最後の挑戦の時だけだ。

抜粋・略

過去に興味はない。
私は未来に興味があるんだ。

なぜなら、そこで残りの人生を
過ごすことになるんだからね。

抜粋・略

この世の中には
最初からうまくいくものなど
ほとんどない。

成功へと至る道では
失敗、それも度重なる失敗が
道しるべとなる。

抜粋・略

我々の行く手
未来に招く希望を
さえぎっているのは
実は我々の想像力なのである。

我々が明日花開くのに
ただひとつ足かせとなるのは
今日の疑念だろう。

抜粋・略

発明家というのは
学校で教わったことなど
あまり覚えていないんだ。

抜粋・略

成長は与えられるものではなく
自らの手で勝ち取るもの。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示