チャールズ・M・シュルツのプロフィール

チャールズ・M・シュルツ(Charles Monroe Schulz/1922年11月26日-2000年2月12日/男性)は、アメリカの漫画家。漫画「ピーナッツ(Peanuts)」(スヌーピー・シリーズ)の作者として世界的に知られる人物。13歳の時に飼っていた犬「スパイク」が人間の言葉を理解しているとしか思えないような行動をとったり、かみそりを食べてしまうという変な犬であり、このスパイクがスヌーピーのモデルとなった。第二次世界大戦での出兵を経て、1947年に地元の新聞で漫画「リル・フォークス(Li’l Folks)」(ピーナッツの原型作品)を掲載。1950年から全米8紙で『ピーナッツ』の連載を開始(当初シュルツはタイトルを『Good Ol’ Charlie Brown』か『Charlie Brown』にしたかった模様であるが、エージェントのユナイテッド・フィーチャー社が勝手にタイトルを『ピーナッツ』とした)。その後、ピーナッツはテレビアニメ化され、アメリカの著名企業(コダック社やフォード社など)がピーナッツのキャラクターを使用するなど国民的な人気を獲得。また、日本でもアメリカを凌ぐ人気を誇っており、特にスヌーピーは国民的な知名度と人気を獲得している(1968年にサンリオがライセンスを取得)。

Created September 14, 2017

主な作品

  • 『リル・フォークス』(Li’l Folks)
  • 『ピーナッツ』(Peanuts)

チャールズ・M・シュルツの名言集

『Goodreads』より

何にも挑戦しないとしたら
人生の楽しみはどこにあるのだろうか?

意訳・要約

友達とは
あなたの欠点を愛してくれる人のこと。

意訳・要約

昨日から学び
今日のために生きて
明日を見て
今日の午後に休みなさい。

意訳・要約

素直になりなさい。
誰もあなたにそれが間違っていると
言うことはできません。

意訳・要約

素晴らしい笑顔よりも
魅力的なものなんてないさ。

意訳・要約

あなたが失うとき
あなたはより多くを学ぶ。

意訳・要約

あなたが歯を磨いて
本当の決意を示したら
いつでもチャンスがあります。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

人生は
十段変速ギアが付いている
自転車のようなもの。

ほとんどの人が
自分が持っているギアの
大半は使っていないんだ。

抜粋・略

人生を一冊の本だとすると
人生の答えが
最後のページにあるとは限らない。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示