セーレン・キェルケゴールのプロフィール

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Kierkegaard/1813年5月5日-1855年11月11日/男性)は、実存主義の創始者として知られるデンマークの哲学者。コペンハーゲン出身。世界や歴史全体を記述しようとしたヘーゲル哲学に対し、人間の生にはそれぞれ世界や歴史には還元できない、固有の本質があるという当時としては画期的な思想を発表した人物。

Created September 25, 2017

主な著書

  • 『あれか、これか』
  • 『おそれとおののき』
  • 『不安の概念』
  • 『人生における諸段階』
  • 『愛の業』
  • 『死に至る病』
  • 『現代の批判』
  • 『キリスト教の修練』
  • 『野の百合、空の鳥』
  • 『わが著作活動の視点』

セーレン・キェルケゴールの名言集

『Brainy Quote』より

人生は解決すべき
問題ではありません。
それは経験すべきものです。

意訳・要約

自分を愛することを
忘れないでください。

意訳・要約

私たちの人生には
常にその人の考えが反映されています。

意訳・要約

何事にも
忍耐が必要です。

蒔いてすぐに
刈り取ることはできません。

意訳・要約

世界と喧嘩しても
無意味だが

自分との喧嘩は
時折、実を結ぶ。

意訳・要約

人生で最も危険なのは
危険を冒すことではありません。

意訳・要約

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

死に至る病。
それは「絶望」である。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示