ジェームズ・オッペンハイムのプロフィール

ジェームズ・オッペンハイム(James Oppenheim/1882年5月24日-1932年8月4日)は、アメリカの詩人小説家編集者。ミネソタ州セントポール出身。20世紀初期の重要な文学誌とされる『The Seven Arts』の創設者&編集者。The Seven Artsに携わった後は心理学(特にカール・グスタフ・ユング)の研究・発表を行った。

Created October 10, 2017

主な著書

  • 『Monday Morning and Other Poems』(1909)
  • 『Pay Envelopes』(1911)
  • 『The Nine-Tenths』(1911)
  • 『The Olympian』(1912)
  • 『Idle Wives』(1914)
  • 『Songs For The New Age』(1914)
  • 『The Beloved』(1915)
  • 『War and Laughter』(1916)
  • 『The Book Of Self』(1917)
  • 『The Solitary』(1919)
  • 『The Mystic Warrior』(1921)
  • 『Golden Bird』(1923)
  • 『Behind Your Front』(1926)

ジェームズ・オッペンハイムの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

愚者は幸福がどこか
遠い所にあると思い込んでいるが

賢者は幸福を
足元で育てている。

抜粋・略

自由になるために
必要なものは何もありません。

自由人とは
自分を自由にできる人のことです。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示