シドニー=ガブリエル・コレットのプロフィール

シドニー=ガブリエル・コレット(Sidonie-Gabrielle Colette/1873年1月28日-1954年8月3日/女性)は、フランスの作家小説家。ブルゴーニュ地方ヨンヌ県サン=ソーヴル=アン=ピュイゼー出身。コレット(Colette) というペンネームで活動した人物であり、「性の解放」を叫び、同性も対象とした華麗な恋愛遍歴で知られる。代表作のひとつ『ジジ』は、ブロードウェイで舞台化されたほか、1958年には映画化もされている。また処女作である『クロディーヌ』シリーズは、夫の筆名ヴィリー(Willy)名義で発表された。

Created October 21, 2017

主な作品

  • 『クローディーヌ・シリーズ』
  • 『動物の対話』
  • 『さすらいの女』
  • 『ミュージックホールの内幕』
  • 『踊り子ミツ』
  • 『シェリー』
  • 『青い麦』
  • 『ジジ』
  • 『牝猫』
  • 『ジュリー・ド・カルネラン』

シドニー=ガブリエル・コレットの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

あなたはばかげたことも
することでしょう。

でも、そのばかげたことにも
情熱を傾けなさい。

抜粋・略

何事も楽しいと感じて
初めて上達するのです。

抜粋・略

若い女の子に
悲しみを感じるのは無駄なことです。

彼女達は
今幻滅を感じているかと思えば
その次の瞬間には
幻想にとりつかれているのですから。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示