ジュール・ルナールのプロフィール

ジュール・ルナール(Jules Renard/1864年2月22日-1910年5月22日/男性)は、フランスの小説家詩人劇作家。マイエンヌ県シャロン=デュ=メーヌ出身。簡素で日常的な言葉を使いつつも、鋭い観察力から様々な優れた作品を生み出したことで知られる人物。また、ルナールがつけていた日記が死後出版(『ルナールの日記』)され、日記文学として認められている。

Created November 1, 2017

主な作品

  • 『村の犯罪』
  • 『にんじん』
  • 『ブドウ畑のブドウ作り』
  • 『博物誌』
  • 『別れも愉し』
  • 『日々の糧』
  • 『明るい眼』
  • 『ねなしかづら』
  • 『ルナアルの言葉』
  • 『赤毛』

ジュール・ルナールの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

幸福とは
幸福を探すことである。

抜粋・略

十五分間、英雄であるよりも
一週間立派な人間で
あるほうがむずかしい。

抜粋・略

既婚者と独身者の区別は
ちょうど製本した本と
仮綴じの本のようなものだ。

抜粋・略

希望とは
輝く陽の光を受けながら出かけて
雨にぬれながら帰ることである。

抜粋・略

人生を学ぶとは
愛することを学ぶことだ。

意訳・要約

地上に天国は存在しないが
その一部は存在する。

意訳・要約

怠惰とは
疲れてもいないのに
休憩する習慣のことである。

意訳・要約

天才とは
毎日18時間
疲れをしらずに働ける者のことです。

意訳・要約

しわとは
刻まれた笑顔です。

意訳・要約

退屈は
5分で一日を無駄にしてしまう。

意訳・要約

愛国心の底には
常に戦争がある。

それが私が
愛国者ではない理由だ。

意訳・要約

友情には
最適な間隔がある。

意訳・要約

名声とは
絶え間ない努力に贈られるものだ。

意訳・要約

才能とは量です。
才能あるものは1ページだけ
書いたのではありません。

その300倍は
書いています。

意訳・要約

強い者は躊躇しません。
彼らは落ち着いて
汗をかき
最後に到達します。

意訳・要約

道徳とは
他人と同じ行動をとることです。

芸術とは
その逆です。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示