ジョディ・フォスターのプロフィール

ジョディ・フォスター(Jodie Foster/1962年11月19日-/女性)は、アメリカ・カリフォルニア州出身の女優映画監督映画プロデューサー。本名はアリシア・クリスチャン・フォスター(Alicia Christian Foster)。アメリカを代表する女優の一人として知られる人物。子役として活躍していた兄の仕事場について行った際にスカウトされ、3歳からCMに出演しており、子役としてTVドラマなどで活躍。1972年に「ジョディ・フォスターのライオン物語」で映画デビューを飾る。13歳(1976年)の時に映画「タクシードライバー」の少女アイリス役で高い評価を受け、英国アカデミー賞 助演女優賞や全米映画批評家協会賞助演女優賞などを受賞。さらに同作でアカデミー助演女優賞にノミネートされるなど、大きな注目を集め、「告発の行方」(1989年)と「羊たちの沈黙」(1991年)でアカデミー主演女優賞を受賞。1991年には映画「リトルマン・テイト」で映画監督デビューを果たし、その後、映画制作会社「エッグ・ピクチャーズ・プロダクション」を設立。映画プロデューサーとしても活躍している。また、フランス語に精通しており、フランス語版の吹き替えはほぼ自分で行っていることでも知られている。

Created November 22, 2017

主な出演作品

  • 『おとなのけんか(2011)』
  • 『幸せの1ページ(2008)』
  • 『ブレイブ ワン(2007)』
  • 『インサイド・マン(2006)』
  • 『フライトプラン(2005)』
  • 『ロング・エンゲージメント(2004)』
  • 『イノセント・ボーイズ(2002)』
  • 『パニック・ルーム(2002)』
  • 『アンナと王様(1999)』
  • 『コンタクト(1997)』
  • 『マーヴェリック(1994)』
  • 『ジャック・サマースビー(1993)』
  • 『ウディ・アレンの影と霧(1992)』
  • 『羊たちの沈黙(1991)』
  • 『リトルマン・テイト(1991)』
  • 『ハートに火をつけて(1990)』
  • 『君がいた夏(1988)』
  • 『告発の行方(1988)』

ジョディ・フォスターの名言集

『エール大学での卒業生への講演』(1993年5月23日)より

自分にふさわしい道を
見つけられるかどうかは
全て自分次第です。

それが何なのかは
誰も教えてくれません。

抜粋・略

全ての目標と戦うことは
出来ません。

人生においては
的を絞ることが重要になってきます。

抜粋・略

何かのために戦う
人生を生きてください。

たとえ、それがどんなに小さく
二の次に見えるにしても。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

子供との関係の中で
いちばん大切なのは、愛と尊敬。
人との関係もすべて同じです。

抜粋・略

私の友人の定義は
あなたが最も恥じているものを
知っているのにも関わらず

あなたと一緒に
いてくれる人です。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示