ジョン・ドライデンのプロフィール

ジョン・ドライデン(John Dryden/1631年8月9日-1700年5月12日/男性)は、イギリスの詩人文芸評論家劇作家。ノーサンプトンシャー州出身。王政復古の時代に活躍し、活躍した時期が「ドライデンの時代」と称されるほど大きな影響力を持っていたことで知られる。

Created December 4, 2017

主な作品

  • 『インドの皇帝』
  • 『驚異の年』
  • 『テンペスト』(ウィリアム・ダヴナントとの共作)
  • 『当世風の結婚』
  • 『グラナダの征服』
  • 『すべて恋ゆえに』
  • 『アブサロムとアキトフェル』
  • 『平信徒の宗教』
  • 『牝鹿と豹』
  • 『ドン・セバスチャン』
  • 『アンボイナ』
  • 『マクフレクノー』

ジョン・ドライデンの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

はじめは人が習慣を作り
それから習慣が人を作る。

抜粋・略

恋の苦しみは
他のあらゆる喜びよりも
ずっと楽しい。

抜粋・略

決意は遅くとも
実行は迅速なれ。

抜粋・略

欠点は
表面に浮かんで
流れるわらのようなもの。

真珠を求めるなら
深くもぐれ。

抜粋・略

事の成り行きを
運命の女神のせいにするのは
大きな心得違いだ。

彼女自身は全く無力で
「分別」の神に支配されているからだ。

抜粋・略

なにはともあれ
笑うのはいいことだ。

藁が人間をくすぐって笑わすなら
それは幸せをもたらす道具である。

抜粋・略

いかなる悪事も
虚言より始まる。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示