サミュエル・ゴールドウィンのプロフィール

サミュエル・ゴールドウィン(Samuel Goldwyn/1879年8月17日-1974年1月31日/男性)は、アメリカの映画プロデューサー。本名は「シュムエル・ゲルブフィッシュ(Schmuel Gelbfisz)」。ポーランド・ワルシャワで貧しい家庭に生まれ、親戚を頼ってイギリスに渡り、名前を「Samuel Goldfish」に改名。1898年にアメリカに移住し、セールスの仕事で成功を収めた後、1917年頃からプロデューサーとして活躍。映画会社「ゴールドウィン・ピクチャーズ・コーポレーション(Goldwyn Pictures Corporation)」(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の前身)を立ち上げ、MGM発足後はMGMを離れたものの、第二次世界大戦前後のいわゆる映画の黄金期に多数の映画の製作指揮を手掛けた。1947年にアービング・G・タルバーグ賞(アカデミー賞)、1958年にジーン・ハーショルト友愛賞(アカデミー賞)、1973年にセシル・B・デミル賞(ゴールデングローブ賞)などを受賞。

Created December 21, 2017

主な作品

  • 『ポーギーとベス (Porgy and Bess/1959)』
  • 『愚かなり我が心 (Foolish Heart/1949)』
  • 『我等の生涯の最良の年 (The Best Years of Our Lives/1946)』
  • 『打撃王 (The Pride of the Yankees/1942)』
  • 『偽りの花園 (The Little Foxes/1941)』
  • 『嵐が丘 (Wuthering Heights/1939)』
  • 『マルコ・ポーロの冒険 (The Adventures of Marco Polo/1938)』
  • 『市街戦 (Beloved Enemy/1936)』
  • 『孔雀夫人 (Dodsworth/1936)』
  • 『仮面の男 (The Masquerader/1933)』
  • 『アルセーヌ・ルパン (Arsene Lupin/1932)』

サミュエル・ゴールドウィンの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

処世術の90%は
耐えられない人達と
うまくやっていく事である。

抜粋・略

誰でも間違いを犯すんです。
だから、鉛筆の先に
消しゴムがついているんですよ。

抜粋・略

八方塞がりの状況になったとしても
打つべき手は必ずある。

抜粋・略

熱心に働けば働くほど
より幸運が手に入る。

抜粋・略

たしかにいつも
正しいわけじゃない。

だからといって
自分のやっていることが
間違っていると思う必要はないんだ。

意訳・要約

愚かな天才の上は
賢い馬鹿です。

意訳・要約

人生に熱中している時
彼には恐れるものなんてないんだ。

意訳・要約

絶対不可能と言われたって
そこには可能性がちゃんとある。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示