サミュエル・バトラーのプロフィール

サミュエル・バトラー(Samuel Butler/1835年12月4日-1902年6月18日/男性)は、イギリスの作家小説家。ノッティンガムシャー、ランガー・レクトリー出身。セント・ジョンズ・カレッジを卒業後、ニュージーランドに移住。1863年にチャールズ・ダーウィンによって『種の起源』が発表され、これ以降生涯にわたって進化論批判を繰り広げた。代表作にユートピア小説『エレホン』など。彼の死後の1903年には半自伝的小説『万人の道』が発表された。

Created December 22, 2017

主な著書

  • 『エレホン-山脈を越えて-』(別題:『エレホン-倒錯したユートピア』)
  • 『万人の道』(別題:『肉なるものの道』)

サミュエル・バトラーの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

人生とは不十分な前提から
十分な結論を引き出す技術である。

抜粋・略

人生とは
人前でバイオリンを弾きながら
しだいに腕を上げてゆくようなものである。

抜粋・略

人間を別にすれば
あらゆる動物達は
生きていることの主たる仕事が
生を楽しむことだということを知っている。

抜粋・略

人間の仕事というものは
それが文学であれ
音楽であれ、絵であれ、建築であれ
そのほかなんであれ
常にその人自身の自画像である。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示