サラ・パレツキーのプロフィール

サラ・パレツキー(Sara Paretsky/1947年6月8日-/女性)は、アメリカ・アイオワ州出身の小説家。数多くの推理小説や探偵小説を発表している人物であり、特に女性私立探偵「V・I・ウォーショースキー」が活躍するヴィク・シリーズ(『サマータイム・ブルース』や『センチメンタル・シカゴ』など)で有名。1988年にCWA賞(英国推理作家協会賞)のシルバーダガー賞を、2002年に同賞のダイヤモンドダガー賞を、2004年に同賞のゴールドダガー賞を受賞している。

Created December 25, 2017

主な作品

  • 『サマータイム・ブルース』
  • 『レイクサイド・ストーリー』
  • 『センチメンタル・シカゴ』
  • 『レディ・ハートブレイク』
  • 『ダウンタウン・シスター』
  • 『バーニング・シーズン』
  • 『ガーディアン・エンジェル』
  • 『ゴースト・カントリー』
  • 『沈黙の時代に書くということ―ポスト9・11を生きる作家の選択』
  • 『ブラッディ・カンザス』
  • 『バースデイ・ブルー』
  • 『ハード・タイム』
  • 『ビター・メモリー』

サラ・パレツキーの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

腰抜けにされてたまるもんですか。
他の人間の意志によって
定められた境界線の中で
生きるしかないなんてまっぴらよ。

抜粋・略

過小評価されたからといって
相手を過小評価してはいけません。

意訳・要約

自身の弱点と向き合うことは
痛みを伴います。
しかしそれはあなたに
本当の感情を与えます。

意訳・要約

最良の方法は
常に行動することを選ぶことです。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示