コリン・ウィルソンのプロフィール

コリン・ウィルソン(Colin Wilson/1931年6月26日-2013年12月5日/男性)は、イギリスの小説家評論家。イングランド・レスター出身。サルトル、バルビュス、カミュドストエフスキーニーチェ、ジョージ・フォックス、グルジェフなど、さまざまな思想家や小説家に根ざしている実存的危機を読み解き、そこから抜け出す道を模索している作品『アウトサイダー』に始まる実存主義思想シリーズの著者。その他にSF小説や警察小説なども執筆している。

Created December 28, 2017

主な著書

  • 『アウトサイダー』
  • 『敗北の時代』
  • 『夢見る力 文学と想像力』
  • 『性の衝動 新実存主義への道』
  • 『コリン・ウィルソン音楽を語る』
  • 『三人の超能力者の話』
  • 『小説のために 想像力の秘密』
  • 『フランケンシュタインの城 意識のメカニズム』
  • 『性と文化の革命家 ライヒの悲劇』
  • 『サイキック 人体に潜む超常能力の探究と超感覚的世界』

コリン・ウィルソンの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

私は朝、目覚めると
ありのままの世界ではなく
自分が創造しうる
数百万もの世界を見る。

抜粋・略

想像は
現実を逃れるためではなく
創造するために使われるべきだ。

意訳・要約

スイッチがどこにあるのかさえ
わかっていれば
ライトをつけるのは簡単なのです。

意訳・要約

人生についての全ての議論は
半分の尺度にしかならない。

意訳・要約

私たちが認識している現実には
数千の偏見が混じっている。

意訳・要約

責任と規律なしに
自由が存在するという考えは
問題を生む。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示