ゲーリー・カーターのプロフィール

ゲーリー・カーター(Gary Edmund Carter/1954年4月8日-2012年2月16日/男性)は、アメリカのメジャーリーグで活躍した元野球選手コーチ監督。名捕手として知られた選手であり、2003年に野球殿堂入りを果たしている。ニックネームは「Kid」(キッド)。1974年に弱冠20歳でモントリオール・エクスポズ(現在のワシントン・ナショナルズ)で、メジャーデビュー。翌年には早くもレギュラーに定着し、新人ながらオールスターにも出場。キャッチャーというポジションでありながら主力打者として活躍したことでも知られ、引退後はメッツの巡回コーチとして活動し、2005年にメッツ傘下のマイナーチームの監督に就任。

Created January 7, 2017

ゲーリー・カーターの名言集

『1歳の息子に届いた成功者100人からの手紙:人生でもっとも大切なこと』祥伝社より

他人に対して優しく
つねに敬意をもって接すること。

いつも笑みを絶やさず
まわりの人々を元気づけよう。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

心には自分の好きな
明日の写真を入れておこう。

過去の思い出は
自分の視界を遮らない場所にいれておくこと。

意訳・要約

欲望は
自分が好きなことを教えてくれる。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示