ギュスターヴ・ル・ボンのプロフィール

ギュスターヴ・ル・ボン(Gustave Le Bon/1841年5月7日-1931年12月13日/男性)は、フランスの心理学者、社会学者、物理学者医者。医者として経歴をスタートさせ、趣味や関心も広範にわたり、世界各地を遍歴し考古学や人類学に関する執筆も行なう。その後、社会心理学に心頭するようになり、1895年に発表した『群衆心理』で心理学者として高い評価を獲得。同書の中で「今われわれが歩み入ろうとしている時代は、群衆の時代である」と論じ、産業革命以後の社会現象の特徴が、人びとをこうした群衆心理下に追いやるものであると論じた。

Created March 7, 2018

主な著書

  • 『L’homme et les societes(1881)』
  • 『Les Lois psychologiques de l’evolution des peuples(1894)』
  • 『La psychologie des foules(1895)/邦題「群衆心理」』
  • 『Psychologie du socialisme(1896)』

ギュスターヴ・ル・ボンの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

前進するためには
行動するだけでは十分ではない。

まず、どの方向に行動すべきかを
理解している必要がある。

抜粋・略

大衆は真実を
求めているのではない。

彼らに必要なのは
幻想なのだ。

意訳・要約

科学は私たちに
真実を約束する。

ただしそれは
幸福や平和を約束するものではない。

意訳・要約

信念とは
不寛容も意味する。

信念が強ければ強いほど
不寛容性も増す。

確信に支配された男は
他の考えを持つ人を
容認することはできません。

意訳・要約

革命の始まりは
ひとつの信念の終わりを意味する。

意訳・要約

偉大な信念も
その価値が疑問視された瞬間に
簡単に崩れる。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示