オズワルド・アベリーのプロフィール

オズワルド・セオドア・アベリー(Oswald Theodore Avery/1877年10月21日-1955年2月2日/男性)は、カナダ生まれのアメリカ人医師医学研究者。最初の分子生物学者の一人であり、免疫化学の創始者。DNAが遺伝子の実体であるということを発見した人物として知られ、この研究は共同研究者のColin MacLeoudやMaclyn McCartyとともに行われた。また、この実験は細菌は液体培地を介して遺伝物質をやりとりすることが可能であり、それが形質転換(新しい遺伝形質の獲得)の理由であると考えたところから始まっている。アベリー達の発見は、1952年のアルフレッド・ハーシーとマーサ・チェースの実験、「ハーシーとチェイスの実験」に発展し、ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックによる、DNAの二重らせん構造の発見へとつながり、現代遺伝学や分子生物学の誕生するきっかけとなった。コプリ・メダル(1945年)やアルバート・ラスカー基礎医学研究賞(1947年)、パサノ賞(1949年)などを受賞。日本ではエイブリーとも表記される。

Created March 25, 2018

オズワルド・アベリーの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

転んだ時には
何かを拾ってから
起き上がりなさい。

抜粋・略

シャボン玉を
たくさん飛ばすことは楽しい。

そして、賢い人は誰かが
それを針で突こうと試みる前に
自分自身で試している。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示