エドウィン・ハーバート・ランドのプロフィール

エドウィン・ハーバート・ランド(Edwin Herbert Land/1909年5月7日-1991年3月1日/男性)は、ポラロイドカメラの発明者として知られるアメリカの科学者&ポラロイド社(Polaroid Corporation)の創業者。ハーバード大学を卒業後、ミサイルの自動制御システムの開発に従事し、光学兵器の研究に携わり、1937年に「ポラロイド社」を設立。1947年にモノクロームの拡散転写法インスタントカメラの発明に成功し、1950年に立体写真の研究成果を発表。色覚についてのレチネックス理論(Retinex theory)を提唱した。ちなみに、ポラロイドとはポラライザー(偏光板)とセルロイドを合わせて作られた造語。大統領自由勲章やアメリカ国家技術賞、アメリカ国家科学賞などを受賞。

Created April 5, 2018

エドウィン・ハーバート・ランドの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

そのとき
そこにあるもので
どんな問題も解決できる。

抜粋・略

失敗とは
その価値がまだ実現されていない
将来の財産である。

抜粋・略

改革というのは
新しいアイディアを
持つことではなく

古くさいアイディアを
持たないことである。

抜粋・略

創造性とは
失敗を恐れないことだ。

意訳・要約

誰かがあなたの製品を
時代遅れにするだろう。
その役目を自分で果たすことです。

意訳・要約

私たちは演出的にもできるし
説得力をもたせることもできる。

ただし、伝えるメッセージは
正しいものでなければならない。

意訳・要約

私たちは急速に変化する
時代に生きている。

慣習に習うということは
去年と同じことをやっていることを意味する。

意訳・要約

問題が適切に記述されている限り
問題は解決できます。

意訳・要約

問題をはっきりと述べることができ
それが重要なものであるなら
その問題は解決できる。

意訳・要約

あなたが成功するつもりなら
その前に失敗して失敗して
失敗することを
想定しておかなければならない。

意訳・要約

私は発明について
いくつかの特長があることを学んだ。

それは定義上
驚くべき予期しないものでなければならず
世界は最初それに対応できないだろう。

もし世界が対応できたとすれば
それは発明でもなんでもない。

意訳・要約

科学は自分を
嘘から守る方法です。

意訳・要約

価値あることは
過剰にする価値がある。

意訳・要約

すべては
幻想から始まります。

意訳・要約

世界は収穫されるのを待つ
畑のようなものです。

私がしているのは
さらに種を植え
収穫することです。

意訳・要約

民主主義というのは
各個人一人一人に
偉大な夢がないと
将来の力の源を失う。

意訳・要約

自分が望む
最終的な結果が得られるまで
失敗を繰り返すことを
許してあげましょう。

意訳・要約

産業とは
科学と芸術の交差点です。

意訳・要約

偉大な製品とは
すべての人に
有益な人生をもたらすもの
でなければなりません。

意訳・要約

生物や組織はゆっくりと確実に
何かに進化していきますが
何か小さな変化が起こり
それが直ちに圧倒的な意味を
持つようになるまで時間がかかります。

人間の役割は
これらの変化を待つことではなく
意義深く小さな変化を導入することです。

意訳・要約

歴史が教えてくれるのは
過去に人間が犯してきた間違いです。

何をしてはいけないかは
教えてくれますが
明日何をすればいいかは
教えてくれません。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示