エドワード・ヤングのプロフィール

エドワード・ヤング(Edward Young/1783年7月3日-1765年4月5日/男性)は、イングランドの詩人。「夜の瞑想(Night Thoughts)」の作者として知られている人物。1713年に処女作となる『Lord Lansdoune』を発表。

Created April 13, 2018

主な著書

  • 『夜の瞑想(Night Thoughts)』
  • 『The Instalment』
  • 『Cynthio』
  • 『A Vindication of Providence …』
  • 『An Apology for Punch』
  • 『Imperium Pelagi, a Naval Lyrick …』
  • 『Two Epistles to Mr Pope concerning the Authors of the Age』
  • 『The Foreign Address, or The Best Argument for Peace』
  • 『The Centaur not Fabulous; in Five Letters to a Friend』
  • 『An Argument … for the Truth of His [Christ’s] Religion』

エドワード・ヤングの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

自分を愛すること。
それは魂の牢獄である。

牢獄が肉体の自由を奪うように
それはあなたから
幸せを奪いとってしまう。

抜粋・略

友は
人生の酒である。

抜粋・略

富は向こうから勝手に
やってくることもあるが

知恵はこちらから
近づかない限り
手に入らない。

抜粋・略

浪費された時間は
単なる生存にすぎない。

使用された時間のみが
生活なのである。

抜粋・略

自慢が終わるときが
尊厳の始まりです。

意訳・要約

私たちは誰もが
生まれつきオリジナルです。

なぜコピーになろうと
するのですか?

意訳・要約

30歳でやっと
自分自身の愚かさに気付く。
40歳でそれを改革していく。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示