ウィリアム・エドワーズ・デミングのプロフィール

ウィリアム・エドワーズ・デミング(William Edwards Deming/1900年10月14日-1993年12月20日/男性)は、アメリカの統計学者、著述家講演者経営コンサルタント。アイオワ州スーシティ市出身。ニューヨーク大学経営大学院(後のスターン経営大学院)の教授などを歴任した人物であり、1950年頃から日本の企業経営者に設計・製品品質・製品検査・販売などの改善法を伝授し、日本がイノベーティブな高品質製品を製造し経済力を高めるのに多大な貢献を残している。日本の製造業やビジネスに最も影響を与えた外国人の一人として日本では広く知られていたが、本国のアメリカでは、デミングの死去後に徐々に知られるようになり、アメリカよりも日本での知名度の方が高い傾向がある。

Created May 5, 2018

主な著書

  • 『Quality, Productivity, and Competitive Position(後にOut of the Crisisに改名)』
  • 『The New Economics for Industry, Government, Education』

ウィリアム・エドワーズ・デミングの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

失敗したとしても
気にする必要はない。

それはただ方法が
間違っていたに過ぎない。

抜粋・略

新しい事を学ぶことや
新しい哲学に対して
長期的に取り組むことは
変革が必要となる
マネジメントには必須である。

目の前の結果にしか
目がいっていないと
最後に失望することになる。

抜粋・略

自分の誤りや
知識不足を認めたり

他にもっとよい方法がある
と認めたりするには
勇気が必要となる。

抜粋・略

自分のところに
人が来るのを待っていては
小さな問題しか目に入らない。

自分が出かけていって
見つけるべきだ。

そもそも大きな問題というのは
問題を抱えているのを
自覚していない
人たちのところにあるものだ。

抜粋・略

失敗の理由の85%は
従業員ではなくシステムと
プロセスの不備です。

経営者の役割は
個人に責任を求めるのではなく
プロセスを変えることです。

意訳・要約

最善を尽くすだけでは
不十分です。

あなたは何をすべきかを
知っていなければなりません。

意訳・要約

あなたがプロセスとして
何をしているのかを
言葉にできないのなら

あなたは何をしているのかを
分かっていない。

意訳・要約

悪いシステムでは
どんなに良い人を持ってきても
コンテストで勝つことはできない。

意訳・要約

人生の2つの基本的なルールは
1)変化は不可避です。
2)誰もが変化に抵抗する。

意訳・要約

私の経験ではほとんどの
トラブルと改善の可能性は
システムにある。

意訳・要約

最大の浪費とは
人々の能力を発揮させないことです。

彼らの不満や
熱望していることについて
学ぶ必要があります。

意訳・要約

悪いものを見つけて
捨てることを目指す検査は
遅すぎ、効果がなく
コストもかかる。

品質は検査によるものではなく
プロセスの改善によって向上できる。

意訳・要約

人々のパフォーマンスは
システムが90~95%を決める。

意訳・要約

質問は
答えよりも重要なのです。

意訳・要約

品質を向上させると
自動的に生産性も向上します。

意訳・要約

誰もが自分の仕事を
していれば大丈夫だ
と思うのは間違いです。

システム自体が間違っている
可能性があるからです。

意訳・要約

管理職の80%は
これらの一見単純な質問に
答えることができません。

あなたの仕事は何ですか?
何が一番重要ですか?

意訳・要約

結果ではなく
原因を管理することです。

意訳・要約

最も重要なことは
測定できません。

意訳・要約

学習とは義務ではない。
それは自発的なものです。

しかし生き残るためには
私たちは学ばなければなりません。

意訳・要約

結果ではなく
プロセスに注意を払うべきだ。

結果しか見ていないと
状況は悪化していくだけだ。

意訳・要約

労働者に問題がある
と思うのは正しくない。

問題は一番上にある
そう管理者です。

意訳・要約

人々はシステムの元で働く。
管理者とは
システムを作成できる者のことです。

意訳・要約

目に見える数字だけでは
成功することはできません。

管理に必要な最も重要な数字は
目に見えないのです。

意訳・要約

品質とは
全員の共同責任です。

意訳・要約

あなたが正しい質問をしなければ
あなたは何も発見しません。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示