ウィリアム・ジョージ・ジョーダンのプロフィール

ウィリアム・ジョージ・ジョーダン(William George Jordan/1864年3月6日-1928年4月20日/男性)は、アメリカ・ニューヨーク州出身のエッセイスト編集者。1900年代初頭に活躍したエッセイストとして知られる人物。ニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業後に「ブック・チャット」の編集者となり、その後「カレント・リタレチャー」の編集者となる。1900年代になると多くの著書を発表するようになり、特に「The Majesty of Calmness」(平穏の威厳)で広く知られるようになる。

Created May 9, 2018

主な著書

  • 『シンプルに考えれば、強くなれる。』イースト・プレス(訳:山田敏子)
  • 『世界を征服するより、自分を征服せよ:あなたは王様ですか?それとも奴隷?』ディスカヴァー・トゥエンティワン(訳:弓場隆)
  • 『The Majesty of Calmness (平穏の威厳)』
  • 『Mental Training (メンタル・トレーニング)』
  • 『The Power of Truth (真実の力)』
  • 『The Power of Peace (平和の力)』
  • 『The Power of Purpose (目的の力)』

ウィリアム・ジョージ・ジョーダンの名言集

『シンプルに考えれば、強くなれる。』イースト・プレスより

あなたは小さなことに
こだわりすぎていませんか。

人生で大切なのは
シンプルに考えること。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

私たちが必要としているのは
一日一日をもっと
大切に生きていくことです。

それはつまり
毎朝、その日のための
新鮮で明確な理想を掲げて
一日をスタートさせ

毎時間をそれが最後の
時間であるかのように
精一杯生きるということです。

抜粋・略

私たちは
他人の成功をねたみます。

しかし本来なら
その成功をおさめたプロセスを
まねるべきなのです。

抜粋・略

来る日も来る日も
最善を尽くすなら
心配する必要はありません。

抜粋・略

小さなことで
自らの心を律することが
できるようになってはじめて

人は大きなことで
自分をコントロール
出来るようになります。

抜粋・略

舌は、この世でもっとも
破壊的な道具です。

抜粋・略

私たちは
他人の庭ばかり見て

自分の庭の草むしりを
怠りがちです。

抜粋・略

心配は
死に至る病である。

抜粋・略

あなたは
「自分は弱い存在だ」
という思いよりも

「自分は驚異的な
可能性を秘めた
偉大な存在だ」
という思いを
もっと強く持つべきです。

抜粋・略

毎日が新しい人生であり
日の出は自分と世の中にとって
新しい誕生です。

毎朝が新しい人生の始まりであり
過去の人生の結果を
より高次元で活用するための
新しいチャンスなのです。

抜粋・略

成功とは
単純明快な法則の結果であり

精神的な素養の発達
疲れを知らない
エネルギーと集中力
たゆまぬ努力の産物です。

私たちはそれを
知っているはずなのですが
その知識を重視せず
運命のせいにするのです。

抜粋・略

あなたは
自分の悲しみと不幸に

周囲の人を巻き込む
権利はありません。

抜粋・略

人生とは
私たちの身に起こるものではなく

私たちがそれらから
手に入れるもののことなのです。

抜粋・略

人間は決められた曲しか
奏でられないオルゴールではなく

未知の音楽を創造する
無限の可能性を秘めたハープなのです。

抜粋・略

現状の無価値なゴミを
強さと力のみなぎる
純金に変える魔法がひとつある。

その魔法とは
常に最善を尽くすこと

常により大胆なことに
挑戦することです。

抜粋・略

自分の力が
とるに足らないように見えたり

進歩が遅すぎるように
思えたりしても
絶対に落胆してはいけません。

世界の偉人たちですら
失敗が成功につながるまでに
途方もない数の失敗を
繰り返しているのですから。

抜粋・略

人生は
他者との競争ではありません。

ライバルは
自分自身です。

昨日の記録を破り
弱点を克服し
過去の愚かさを克服する。

これを
進歩というのです。

意訳・要約

愛はすべての任務を
特権に。

すべての責任を
喜びに変えることができます。

意訳・要約

植物は夜明け前の
最も暗い時間に
最も成長します。
人間も同じです。

意訳・要約

幸福とは
目に見えないものを所有する
魂の喜びです。

意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示